f
第2次世界大戦中にフランスの首都パリがナチス・ドイツの占領から解放されて70年となる25日夜(日本時間26日朝)、パリ市役所で記念式典が開かれ た。庁舎には占領の歴史を当時の記録を交えて紹介する約20分の映像が大音量の音楽と共に投影され、訪れた数千人の市民らが歓声を上げながら見入ってい た。
 式典の冒頭であいさつしたオランド仏大統領は、パリ解放のために戦った人々をたたえながら「努力や献身、勇気がなければ何事も成し遂げることはできない」と強調。オランド政権が目指す経済成長力の強化は、フランスの独立を確かなものにすることにつながると訴えた。(時事通信)
海外の反応をまとめました。




56

derr

vvvv

4

ssd

ナチス・ドイツによるフランス占領(ナチス・ドイツによるフランスせんりょう)は、1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻とフランス第三共和政政府の崩壊によって開始され、1944年以降にドイツ軍が連合国軍に駆逐されるまで続いた。

占領下のフランスはナチス・ドイツの四カ年計画に基づき、ドイツ企業によるフランス企業の吸収や輸出入の統制、占領経費の供出を強いられるなど、経済的支配を受けた。占領初期から中期には自由地域が設定され、ヴィシー政権による一応の独立が認められていたが、戦局の変化に従い1942年11月から全土が占領された。

コラボラシオンによりナチス・ドイツはフランスからの協力体制の強化を試み、一定の成功を収めたが、フランス国民の生活は窮乏した。またヴィシー政府はナチス・ドイツの政策下、ユダヤ人の迫害を行った。国民のレジスタンス活動は次第に活発化してゆき、マキなどの組織が結成され、連合軍の動きに呼応した。1944年のノルマンディー上陸作戦を経たパリの解放とヴィシー政権の崩壊によってドイツによる占領体制は崩壊し、国土は順次解放されていった。(ウィキペディア)



・ドイツの東欧での占領に比べたら、パリの占領なんて、ままごとだよ。
戦後にパリの街が立っていて、ワルシャワの街が立っていなかったことには理由がある。


・ドイツの指揮官が、パリを破壊しろというヒトラーの命令を拒絶したと読んだ記憶がある。
これは正しい?


・↑歴史の本によると、それは正しい。


・飢えが家族にペットを食べさせる。
ペットの骨を巡って、家族に喧嘩をさせる。


・今のフランス人は、アメリカ人を嫌う。
忘れっぽいんだな。


・フランスは、アメリカが何をしてくれたのか認識するべきだ。


・アメリカがいなかったら、パリの連中は今頃ドイツ語を話していたろうな。


・現代のパリジャンに聞いてみなよ。
奴らは対して気にしないから。


・フランスがテロリストどもに身代金を支払わなかったら、俺たちはもっと早く前に進めたのにな。
※今年四月、フランス人ジャーナリスト4人の解放に1800万ドルの身代金が支払われた


・そして70年経って、世界はフランス人が如何にドイツのことが好きで、手助けしていたかを学んだ。
フランス人はドイツ語を話すべきだよ。


・どこかの国が、俺たちをオバマから解放してくれたらいいのに。






・フランスはナチスの支配とイスラムの支配を交換したに過ぎない。


・アメリカ人とイギリス人に感謝しろよ。


・アメリカ軍とフランス軍がパリの解放をした?
フランス軍は、ほとんど何もしていないだろ。


・どうやらフランスは、自分たちの歴史を書き直したいようだな。


・プロパガンダだよ。
第二次大戦中のナチスとフランスは、協力関係にあった。


・外国からの侵攻に対して、一体どれだけのフランス人が戦った?





http://goo.gl/4WllMuhttp://goo.gl/F3WkuH

follow us in feedly