www

STAP細胞が本当に存在するのかの検証実験を進めている理化学研究所のチームは27日、会見し、ことし4月以降論文に書かれたのと同じように弱酸性の刺激を与える方法で作製を試みたもののSTAP細胞はできなかったとする中間報告を明らかにしました。(NHK)

海外の反応をまとめました。




チームでは今後、実験の条件を変えるなどしてさらに検証を続けるとしています。

これは小保方晴子研究ユニットリーダーと共にSTAP細胞の論文を作成した理化学研究所の丹羽仁史プロジェクトリーダーらが記者会見し、明らかにしたものです。
丹羽プロジェクトリーダーらはことし4月以降、小保方リーダーとは別にSTAP細胞が本当に存在するのかの検証実験を進めていました。
そ の結果、論文に書かれたのと同じようにマウスの体から細胞を取り出し、塩酸を使って弱酸性の刺激を与える実験を22回行ったものの、小保方リーダーらが論 文で書いたような細胞の万能性に関連した遺伝子が働き始める現象は確認できず、STAP細胞もできなかったということです。
検証チームは今後、細胞を細い管に通して刺激する方法や、実験に使うマウスの種類などを変えて来年3月まで検証を続けたいとしています。
丹 羽プロジェクトリーダーはSTAP論文の共同著者の1人でことし3月、世界各国の研究者からSTAP細胞が再現できないという報告が相次いだ際には小保方 リーダーらと共にどのような点に気をつければ、STAP細胞ができるのか、詳しい作製方法を示した文書を作成し、発表していました。
STAP細胞の検証実験はこれ以外に小保方リーダー本人がことし11月末を期限に行うことになっています。

共著者の若山教授「1日も早く解決を」

今回の中間報告の発表について、STAP細胞の論文の共同著者で山梨大学の若山照彦教授は「今回の検証実験に関与していないため、今後の経過を見守りたい。1日も早く解決に向かうことを願い、私もできる限りの協力をしていきたい」というコメントを出しました。(NHK)



・今でも、あの女性の研究者が男性の研究者を騙していたように思う。


・彼女は実験結果を再現させてもらえる公平な扱いを受けた。
そして失敗した。


・論文発表の前に再現できるようにしておけよ。


・このインチキと山中因子は全く関係ない。


・普通の細胞をStem細胞に変えることは、何度も試す価値がある。
でも簡単なことではない。


・自分たちが何をやっているのか、もう一度考えるべき。
一度成功したのなら、それには理由がある。
何かステップを欠いているのだろう。


・奴らが偽のデータそのものだ。
自分たちのことを恥じた方が良い。


・自分が行う些細なことを実験ノートにとらないと、こうなるんだよ。


・日本発の研究には法外な数の問題があるように思える。
研究者に結果を出さなければいけないプレッシャーがかかっているのだろう。






・科学の世界で、見当外れの主張を行うとこうなるんだよ。
宗教の世界では、見当外れの主張をしても何も起こらない。


・彼らが何が起きているのか学んでいることを望もう。
彼らは「失敗と間違いから、より学ぶことが出来た。」と言っている。


・オーマイゴッド。
どうして再現できないんだろう?


・多くの者によって、酷い間違いがたくさん起きた。
他の方法で研究を進めるしかない。


・混乱するな。
どうしてまともな精神状態の科学者が、わざと不正な結果を発表するんだ。
経験上、すぐに再現できるかどうか分かるようなことなのに。
彼女は、数か月のメディアからの注目と研究試験のカット以外に、何を期待していたんだ?




http://goo.gl/b6qXKfhttp://goo.gl/KQt367http://goo.gl/FpJvC5http://goo.gl/uACfd0

follow us in feedly