arrr
日本体育協会(日体協)は23日の理事会で、長年スポーツを続け、顕著な功績を挙げた高齢者を表彰する「日本スポーツグランプリ」の受賞者に、陸上男子の宮崎秀吉さん(103)ら9人を選んだ。10月12日に長崎県諫早市で表彰式を行う。
 宮崎さんは京都市在住で、陸上競技の活動歴が82年。90代になってマスターズ陸上に出場し、100歳で100メートルのM100(男子100歳以上)クラス世界記録を樹立。今年1月には、世界最高齢の陸上選手としてギネスブックに認定された。(時事通信) 
海外の反応をまとめました。









・私は日本に住んでいるけど、日本のお年寄りは非常に元気旺盛な精神を持っていると思う。
80代になってもテニスをするし、グラウンドゴルフも行っている。


・ボルトと彼のどちらが勝つのだろうか・・・?


・ボルトが彼に勝たせてくれるのを祈ろう。
Youtubeでその様子が見てみたいね。


・運動を始める為の素晴らしいインスピレーションになったよ。


・尊敬するよ。


・数年前に全日本マスターズの陸上競技大会を見た。
85歳以上の選手たちは、素晴らしかったよ。


・104歳の日本人男性は、20代の太ったアメリカ人よりも楽に速く走るだろうな。


・俺もあの年齢の時に、あれほど良い体型を維持できることを願うよ。


・素晴らしいね。
あの年齢で活発で健康な人たちを見ると、感銘を受けるよ。






・アメリカ中のソファに座って動かない連中は、メモを取った方が良いな。
これが日本流だ。


・なんてこった。
30歳の俺は、自分の足首のことをぶつぶつ言っているのに。


・俺の2倍以上の年齢の人が俺より速く走れるなんて・・・悲しい。


・秘訣を教えてくれてありがとう、宮崎さん。


・彼は「年齢は数字にすぎない。」と言う者の一人に違いない。


・2人のレースを金を払ってでも見たい。


・彼は103歳なのに、夢のレースが実現するまであと5年待つつもりなのか?


・クリーブランド・ブラウンズは、クォーターバックを必要としているらしいぞ。


・これが大和魂だよ、みんな。





・もうすぐ104歳になるのに、まだ走っているのか。
頭が下がるよ。
そのまま続けてください。


・すぐ横にポテトチップスの袋とコーラ缶を3本置いた俺は、この記事を読みながら、椅子からドスンと落ちてしまった。


・間違いなく、彼は若者のエネルギーを持っているよ。

http://goo.gl/4ypZwAhttp://goo.gl/ogzYpchttp://goo.gl/YmgO3t

follow us in feedly