weww
2014年7月8日、韓国紙・朝鮮日報によれば、韓国で一部のレストランが、店内の落ち着いた雰囲気を維持するため、幼児や児童の入店を断っている。こうした対応について人々は賛否両論だが、店側の対応は韓国の法律に違反していないという。環球時報が報じた。 子どもの利用を断るのは、店内の雰囲気だけでなく、内装や店の備品を壊されないようにする目的もあるという。一部の母親は「他人の顔色をうかがいながら食 べなければならないのはおかしい」と反対運動を起こしているが、「店の対応は当然」と受け止める人も少なくない。あるサラリーマンは「子どもが大声で騒ぐ と早く店を出たくなる」と話している。
また、あるレストランではこうした対応を始めた当初は客から苦情があったが、「子どもがいなくて静かなレストランだ」という評判が伝わるようにな ると、客足が増えたという。別のレストランでは、子どもが泣き叫んだり、別のテーブルの回りを走り回ったりしても、親がまったく止めさせないことから、子 どもの入店を断るようになった。
韓国人権委員会の関係者は「店の外に利用制限の年齢を掲示し、近くに利用できる店が他にもあれば、こうした対応は経営戦略の一環と見なされるので問題ない」としている。(レコードチャイナ)
海外の反応をまとめました。




・韓国に若者よりも年寄りが多くなるのは、不思議じゃないな。


・↑韓国の多くの独身は、子供のことが好きではない。


・この記事を読んだら、次の記事も読んでくれ。
衝撃!2750年までに韓国人が絶滅するという分析結果(海外の反応)


・母親が子供の面倒をもっとちゃんと見るべきだよ。
子供4人が叫んで走りまわるレストランで食事するのは、イライラするよ。
俺は大抵、丁寧に親たちに子供を落ち着かせるように頼むけど、親たちはほとんど何もしない。
レストランが子供を立ち入り禁止にするのは、全く理解できるね。


・俺の理解では、韓国では3歳以下の子供たちは好き勝手にやって振舞って良いと全権委任されているように思える。
人々は子供たちが公共の場にいる様子を見るのを楽しみ、一緒に遊んだり、おもちゃを買い与えたりする。
これって徐々に変わってきているの?
それとも、そもそも俺の誤解?


・↑それは事実だ。
それと、みんなが母親が公共の場で子供たちをコントロールすることが、如何に大変なのか理解している。
特に子供のいる親たちは、共感する。


・アメリカでも、こういう飲食店が増えてほしい。


・イギリスにも、子供禁止のレストランやカフェがあったら良いのに。
友人と美味しいコーヒーを飲みに出かけたのに、子供の叫び声しか聞こえないなんて最悪だよ。
最近は、パブやバーでさえ安全じゃない。






・これは世界中の飲食店で、行うべきだと思う。
もちろんアメリカでは起きないけどね。
子供たちの叫び声を聞きたくないと他人の声に、簡単に気分を害する自尊心の強い母親たちがいるからね。


・↑実はアメリカにも子連れ禁止のレストランやホテルはあるし、その数は増えている。


・↑どこにそんなレストランがあるんだ?
真面目な話、どこにあるのか知りたい。
そのレストランに夕食を食べに行きたい。


・これは素晴らしいね。
次は子供と赤ん坊をフライトで禁止してもらえないか?


・↑俺もかつて同じことを言ったことがある。
そして父親になって、親戚を訪ねるために息子を連れて飛行機に乗らなければならなくなった。
親としては、とても心配したが、幸いなことに息子は行儀良くしてくれた。
子供は子供だし、中には余計に手のかかる子供もいる。
俺たちは、太っている人の搭乗を禁止したりしない。
障害者の搭乗を禁止したりしない。
我々にはヘッドホンや耳栓がある。


・↑肥満の人たちや障害者たちは、声を立てて騒いだりしないけどね。





・それで、一体どれくらい増えているの?


・これって現実?


・レストランではみんなを立ち入り禁止にすればよい。
ウェイターでさえ立ち入り禁止にしろ。
みんなうるさくて、イライラさせるからね。


・俺はすごくうれしい。

http://goo.gl/2ZYyJLhttp://goo.gl/McHfRkhttp://goo.gl/UWjAxo

follow us in feedly