rerrer
軟式野球の高校日本一を決める全国高校軟式野球は、3日続けてサスペンデッドゲームとなった準決勝の広島・崇徳高校と岐阜・中京高校の試合が31日、延長46回から再開され、中京が延長50回、3対0で勝って決勝に進みました。 この試合は両チーム無得点のまま3日連続でサスペンデッドゲームとなり、4日目となった31日、兵庫県明石市の球場で延長46回から再開されました。
31日もここまで3日合わせて600球以上投げてきた崇徳の石岡樹輝弥投手と中京の松井大河投手がマウンドに上がりました。
中京は延長50回にヒットやフォアボールでノーアウト満塁のチャンスを作り、2番のキャプテン、後藤敦也選手の2点タイムリーツーベースで先制し、さらにもう1点加え、3点を挙げました。
崇徳もその裏、2アウトからヒットでランナーを出しますが、得点を挙げることはできず、中京が延長50回、3対0で勝ちました。
中京は午後0時半から行われる決勝で神奈川の三浦学苑と対戦します。(NHK)
海外の反応をまとめました。



「最後は気合い」

4日間で50イニングを投げ切った中京の松井投手は、「腰に疲れはあったが、3点を取ってくれたので最後は応援も力にして気合いで投げた。決勝でもマウンドに上がれば思い切り投げて優勝したい」と話していました。

「温泉に入りたい」

同じく50イニングを投げた崇徳の石岡投手は、「疲れはあったが監督にお願いして、きょうもマウンドに上がった。最後は打たれたが50イニングはとても楽しかった。今は温泉に入りたい」と話していました。(NHK)





・日本では良くあることだ。
だからMLBに来る頃には、彼らの腕は滅茶苦茶になっている。


・700球以上の投球?
さよなら野球人生。


・若い投手の腕に対して、狂っているほど無責任だと思う。


・両投手とも、次の水曜日にはトミー・ジョン手術を受けているだろうな。

トミー・ジョン手術(英: Tommy John Surgery, 側副靱帯再建手術)は肘の靱帯断裂に対する手術術式。損傷した肘の靱帯を切除し、正常な腱を移植することにより患部の修復を図る。

1974年にフランク・ジョーブによって考案され、初めてこの手術を受けた投手トミー・ジョンにちなんでこう呼ばれている。投球の際にひじの側副靭帯に大きな負担がかかる野球の投手が受けることの多い手術である。(ウィキペディア)


・球数を気にしない監督がいる様子を見れるのは良いことだよ。


・一番馬鹿げているのは、50回まで両チームとも無得点だったという点だな。


・記事「もし延長54回を超えても決着がつかなければ、クジで勝者を決めることになっていた。
54イニングを戦って、ハズレくじを引いたチームにとっては最悪なことになっていただろう。

↑延長54イニングで線引きをしたのが良いね。


・馬鹿げているよ。
甲子園について読んだことを思い出した。
日本で最も人気のある高校生の大会の一つで、テレビで全国放送される。
ピッチャーたちは、数日間に渡って狂った球数を投げる。


・アメリカだったら、参加チームはすべて参加賞のトロフィーを貰う。


・アメリカだったら、訴訟と伴に公平な決着をつけるよ。


・彼らは狂っていると思う。
私だったら自分の息子の腕を台無しにさせたりしない。


・わあ!4日間は記録だろうな。






・野蛮だと呼ばれても構わない。
でも俺は勝ちを決めるまで、どれだけでもプレーするべきだと思う。
これはプレシーズンの試合ではなく、大会なんだ。


・709球?
メジャーのピッチャーたちはメモを取った方が良いな。
最近では、球数が100球を超えるとリリーフが送られるからな。
情けない奴らだ。


・全員に小さなトロフィーを上げて、7回を越えたら帰宅させるべきだったな。
忌々しいリベラル派の連中どもは、つまらん奴らだよ。


・ひ弱なアメリカ人だけ驚く。


・お前たちは正しい。
アメリカのルールは、すべての国に適用されるべきだ。
球数の制限のような重要なトピックは特にね。
これほど傲慢なことってあるか?


・↑ルールのことを語っているわけじゃない。
子供たちが腕を破壊していることが問題なんだよ。





・この子供たちには、100球以上投げると泣き出すメジャーのピッチャーよりもハートがあるよ。


・そんなに長い時間野球を見るのは、拷問だ。


・売り子は寿司を切らしてしまっただろうか?
http://goo.gl/CZyCV0http://goo.gl/2uYmLy
甲子園で負けた日本の高校が土下座しているぞ(海外の反応)

follow us in feedly