are
高熱や頭痛などの症状があるデング熱に日本国内で感染した人の数が22人に上りました。ほかにも取材中のテレビリポーターら感染が疑われる例があり、ウイルスを媒介した蚊がいたとみられる東京・代々木公園では、新たな対策が始まりました。(TBS)
海外の反応をまとめました。



「19例がきょう新たに報告させていただく患者の情報」(厚生労働省の会見)

 およそ70年ぶりに日本国内で感染した患者が出た「デング熱」。厚生労働省は1日、新たに19人の感染を確認したと発表しました。これで感染が確認された患者は合わせて22人となりました。
 「東京を中心に、近県から代々木公園に来られた方の感染の発生となっている」(厚生労働省の会見)

 感染した患者は、東京・埼玉・千葉など関東地方の5県と新潟県に住んでいて、いずれも東京の代々木公園やその周辺を訪れていました。時期は、日にちの特定できない1人を除いて、8月の初めから20日ごろにかけてでした。
  さらに、感染が疑われる例はほかにも・・・。先月21日、TBSの情報番組「王様のブランチ」の撮影で代々木公園を訪れた女性タレントの青木英李さんと紗綾さん。虫取りなどを体験するという撮影でしたが、その後、高熱を出し、医療機関で検査を受けた結果、デング熱の「陽性反応」が出ました。

 「蚊に刺された数を数え直すと・・・33個になりました!笑」

 27日には病状について書き込んでいました。

 「高熱でフラフラです・・・前回の熱が比にならないくらいきつーい」

 青木さんも39.8度を示した体温計をブログに掲載し、病状を報告していましたが、現在は2人とも快方に向かっているということです。

  当初、流行の拡大は考えにくいと話していた厚生労働省ですが、「デング熱」はヒトからヒトへの感染はなく、ウイルスは蚊が媒介します。今回考えられている 感染ルートは、海外で感染した患者が日本に入国し、その患者を蚊が刺して体内にウイルスを保有。その後、その蚊が代々木公園付近に来た人を刺して感染させ たというものです。

 「1匹というよりは、むしろ、複数刺されて、代々木公園にウイルスを持った蚊がいるのでは」(厚生労働省の会見)

  今回新たに感染が確認された人の中には、当初、感染が確認された3人がいた場所の近くだけでなく、代々木公園の別の場所や隣接した道など、代々木公園の周 辺にいた人も含まれています。こうしたことから、厚労省は、デングウイルスを持った蚊は代々木公園に複数いたと考えています。

 東京都は1日、代々木公園に立て看板を設置。蚊に刺されないよう注意を呼びかけました。また、午後4時からは、蚊の発生を抑えるために噴水池の水を抜く作業が始まりました。

 「感染源から徐々に広がって日本全国に広がるとは想定できない。蚊は秋には活動が止まる」(厚生労働省の会見)

 厚生労働省などは、流行が拡大することはないとして、冷静な対応を呼びかけています。(01日17:25)(TBS)


・私の娘も八王子に旅行に行って帰ってから高熱を出した。
代々木公園のエリアに限ったことではないのでは?


・今年はポリオが復活した。
そして今度はコレラとデング熱のニュースだ。
腺ペストさえ、数回起きている。
さらにエボラは、過去最大の流行を見せている。
何か環境的な要因があるのだろうか?
人口過多?
本当に奇妙だ。


・↑ほとんどの流行は、戦争の荒廃による衛生と医療の欠如が原因で起きる。


・↑地球温暖化だよ。


・エボラよりはマシじゃないか。
少なくとも回復するんだから。


・↑エボラから回復することだってあるよ。


・↑エボラにかかって、生き残る可能性は凄く少ないけどね。


・俺は中米に住んでいる。
デング熱は水資源の状況により、よくある事以上の存在だ。
他国でデング熱の発生が報道されるために、彼らは人類への新しい脅威に舞い上がっているように感じる。


・入江紗綾も感染した。
ちくしょう。







・殺虫剤よりもBT剤を散布する方が効果的だし、他の野生動物に害を与えない。
BT剤は、蚊の幼虫だけを標的にする。
池や噴水で使用するのは簡単だし、地面に散布しても効果的だ。

BT剤とは、天敵微生物を利用した生物農薬(殺虫剤)の一種。細菌のバチルス・チューリンゲンシス(Bacillus thuringiensis; BT)を用いており、菌の産生する結晶タンパク、胞子、両方の混合されたものがある。

チョウ目、ハエ目、コウチュウ目の幼虫に有効。結晶性タンパクが昆虫腸内のアルカリ性消化液で分解されると毒素になり、上皮細胞に作用、幼虫は卒倒病を起こして死ぬ。一般的に胃液が酸性である人間には無害といわれているが、菌株と試験方法によって動物試験で毒性を示すことがある。そのために、BT剤は、製造や販売などに対して毒性試験などを要求される登録薬剤とされている(特定農薬に指定されていない)が、有機農産物の生産に利用可能な生物農薬とされている。(ウィキペディア)

(ウィキペディア)

・↑とても役立つ情報だ。ありがとう。


・↑どこで買えるの?


・↑ホームセンターで買えるよ。
ググってみな。


・私もすごく気にしている。
治療可能だけど、でも感染した者をしっているから、とても深刻な病気のようにも感じる。
年中起きない現象だと教えてもらえたら、すごくありがたいよ。
気候変動の影響なんだろうか?


・↑今までも、東京にも蚊はいたから、気候変動は関係ないのでは?
誰かがデング熱を持ち込んで、蚊がその人から血を吸ってデングウイルスを広めたのでは?







http://goo.gl/Zrbpelhttp://goo.gl/0Rriechttp://goo.gl/wlJG19http://goo.gl/6Whpca

日本国内で70年ぶりにデング熱の感染確認(海外の反応)

follow us in feedly