r
直径約20メートルの小惑星が、日本時間8日午前3時20分ごろに地球のすぐ近くを通過する見通しだと、米航空宇宙局(NASA)が4日までに発表した。地球に衝突する心配はないという。南半球のニュージーランド上空を通り過ぎる際に、地球の直径の約3倍に相当する約4万キロまで近づくと想定。NASAは「暗くて肉眼で見るのは難しいが、望遠鏡を使えばアマチュア天文家でも観測できるかもしれない」としている。  小惑星は8月末に米国の天文施設が発見したばかりの「2014RC」。地球の公転軌道と一部が交差する楕円軌道を周回している。(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。







An asteroid the size of a whale will have a ¿very close¿ shave with Earth on Sunday, Nasa has reported. This image shows the orbit of asteroid 2014 RC around the sun. The asteroid is about 60ft (20 metres) in size


・ ハリー・スタンパーと彼のチームが吹き飛ばしてくれるさ。



・望遠鏡をもっと増やせ。
爆弾はもっと減らしても良い。


・「新たに発見された」という部分が非常に不安にさせる。


・俺の他に、この小惑星が近くを通りすぎる3日前に発見されたことに不安を感じる奴はいないか?
地球に衝突する巨大な小惑星が存在しても、数日前に警告されるか、全く警告されないことに気づいてしまう。


・↑大きければ、もっと発見されやすいだろ。
俺の論理だけど。


・↑発見されたのは、8月31日だ。
でも同意するよ。
通過するまで1週間というのは、十分な時間じゃない。


・地表から2万4千マイル(約3万8624キロメートル)だぞ。
めちゃくちゃ近いじゃないか。






・頼むぜ、NAAASAAAAA!


・↑うーん、アルマゲドンの再現はありえない。
スペースシャトルはもう無い。


・ご存知のように、世界の終わりだ。


・↑俺は全く構わない。


・宇宙について語る時、相対的に非常に近いんだろ。


・これが俺たちを皆殺しにしないと、どうして分かるんだ?
パニックを防ぐためかもしれないぞ。


・なんだよ。
どうして衝突してくれないんだ?


・頼む、衝突しないでくれ。
恐竜のように死にたくない。


・もう既に通過したのか?
それともいつ通過するのか分かっているのか?


・↑9月7日(アメリカ時間)だよ。





・完璧なシナリオとしては、これがイエローストーンに衝突することだ。


・2万3千マイルなら、ニアミスじゃないだろ。


・人工衛星を1基か2基取り除くには、十分なほど近い。


・対小惑星の防衛システムを試す様子を見てみたい。


・↑もしそんなものが存在していたら、試しているだろうな。

http://goo.gl/WCXaZyhttp://goo.gl/XySveWhttp://goo.gl/pPcnCChttp://goo.gl/hjKHnUhttp://goo.gl/9Utu4ghttp://goo.gl/n9hH4v

follow us in feedly