e
安倍晋三首相は6日午後(日本時間同)、バングラデシュを訪問し、首都ダッカの首相府でハシナ首相と会談した。ハシナ首相は2015年10月に行われる国連安全保障理事会・非常任理事国選挙への立候補辞退を明言し日本を支持する意向を表明した。両国は同選挙でアジア・太平洋グループの改選1議席を巡り争っ てきたが、バングラデシュの辞退で、日本が当選する公算が大きくなった。(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。



◇首脳会談で表明

 非常任理事国の任期は16年1月から2年間。日本が当選すれば09~10年以来6年ぶり11回目で単独トップとなる。会談後の共同記者会見でハシナ首相 は「アジア太平洋地域の連帯、統一の観点から日本を支援・支持する」と述べた。安倍首相は謝意を表明。会談後、記者団に「日本が国際社会に対し積極的に貢 献していこうという姿勢も評価していただいた」と述べ、非常任理事国入りを前提に安保理改革を進める意向を強調した。

 日本はドイツ、インド、ブラジルと共に安保理常任理事国入りを目指しており、安保理改革の機運を盛り上げようと非常任理事国入りを重視。5月のバングラ デシュとの首脳会談で最大約6000億円の支援を表明するなど経済協力を働き掛け、水面下で立候補の取り下げを促していた。

 今回の会談では、5月に表明した最大約6000億円の経済支援を再確認。運輸・交通インフラ整備▽安定した電力・エネルギー供給▽都市開発▽民間セク ターの成長--の4分野で支援を進めることで合意した。日本からの原発輸出に向け、両国の専門家対話の年内開催でも一致した。

 このほか安倍首相は、7月の集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を説明し、ハシナ首相は歓迎する意向を示した。中国の海洋進出も念頭に、航行の自由や 公海上空の飛行の自由の重要性を改めて確認。来年の早い時期に外務次官級協議を開催し、両国関係の強化を図る方針で一致した。

 日本の首相の同国訪問は森喜朗元首相以来14年ぶり。安倍首相は7日にはスリランカを訪問する。(毎日新聞)


・日本の安倍首相は、ほとんどのアジアの国で歓迎されるよ!
俺たちは日本人を信用している!


・↑自国民を拷問して殺害した奴らを信用するのか?


・日本にとっては良いことだ。
俺は日本人とアメリカにいる日系人のことをすごく尊敬している。


・インドのモディ首相は、安倍に会う為の日本への5日間の訪問を終えたばかりだ。
2人とも保守派で、自由市場経済の改革者だ。
2人がお互いを称賛して、仲が良いのは有名だ。


・中国はアジアの海洋警察じゃないからな。
問題なのは、法的な合意を最初に行わないことなんだ。


・同盟国の日本に幸あれ。


・日本やインド、他の国々は国連安全保障理事国の常任国入りを夢見るのは止めた方が良い。
中国が日本に対して拒否権を発動するだけでなく、アメリカと他の常任理事国は、どんな国に対しても拒否権を発動させるだろう。


・↑国連安保理は、理事国の衰退とともにゆっくりと廃れてきている。
インドの常任理事国を認めようが認めまいが、影響力は増しているから、逸らすことは出来ない。


・もし経済的な影響力が増せば、強引に常任理事国入りするのは可能では?
アジアを代表して常任理事国のバランスを取る為に、もう2か国加わっても驚かない。
インドと日本が手を組む様子が目に見える。
でも確かに、不可能ではないが、すごい難しいことだと同意せざるをえないな。







・日本とインドは、国連の常任理事国の有力候補だ。
世界は両国を無視するべきじゃない。


・↑アメリカが拒否権を発動すると100%確信している。


・彼のハードワークには感心する。
でも数日後、彼は手ぶらで帰ることになるだろう。
彼が費やした労力と金は無駄になる。


・2つの国がお互いに争うのでなく、友好関係を結ぶのは良いことだ。
日本がしている事の言い訳に中国を使うな。


・↑もしくは中国の国内問題に、日本の第二次大戦中の行動をスケープゴートとして利用するな。


・日本は中国の侵略に対するために、東南アジア条約機構に加わるだろう。

東南アジア条約機構(とうなんアジアじょうやくきこう、The Southeast Asia Treaty Organization, SEATO)は、オーストラリア、フランス、イギリス、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、タイ王国およびアメリカ合衆国(以下「アメリカ」)の8ヵ国によって1954年9月8日に組織された反共主義諸国の軍事同盟。

なお、略称の「SEATO」は、日本では「シアトー」と読むが、英語圏では主に「シートー」、希に「シーエートー」、「セートー」などと読む。(ウィキペディア)


・安倍がアジア地域での中国の影響力を相殺しようとしているって?
簡単なことだ。
中国よりも援助を行うことだ。
日本が出来ればの話だが。


・日本と他のアジア諸国は、前に進んで友人を作っている。
一方の中国は、過去にしがみついて敵を作っている。


・↑中国が安倍を作り出した。そして彼に同盟国を与えている。
他国をいじめて、盗みを働き、脅していたら、友人なんて出来ないよ。







http://goo.gl/yRvOukhttp://goo.gl/zzFrHe

follow us in feedly