re
《プロボクシング 9月5日代々木第二体育館》
WBC世界フライ級タイトルマッチ
 王者                      挑戦者
●八重樫東(31歳、大橋) TKO 9回2分24秒 ○ローマン・ゴンザレス(27歳、ニカラグア)
 それは珍しい光景だった。
 4000人でフルハウスとなった代々木第二体育館の敗者を讃える拍手と声援が鳴り止まない。9ラウンド。八重樫が、左ストレートを浴び、ふらふらと、後 ずさりするようにコーナーに尻餅をつくと、そこでレフェリーは抱きかかえるようにして試合を止めた。立ち上がろうとした八重樫は、「まだできるのに」と、 ふっと笑った。突如、沸き起こった“アキラコール!”。10年以上、リングサイドの周りをウロウロしてきたが、こういう敗者への客席の反応は見たことがな い。我らがチャンピオンは壮絶に散ったが、彼、彼女らは、確かに魂のぶつかり合いの聖なる音を聞いたのだ。だから感動の涙が止まらない。以下略(The Page)
海外の反応をまとめました。




・この写真を撮ったフォトグラファーを褒めろ。
まるでボクシング映画の1シーンのようだ。


・これは脳に良いはずがない。


・彼は生活費を稼ぐ為に、文字通り自分の頭を使っている。


・誰かこの戦いを止めさせるべきだ。
日本人ボクサーの脳は、どこかに飛んでいってしまっているかのように見える。


・ボクサーたちは間違いなく頭部に致命的なパンチを食らっている。
過去のボクサーたちを見れば、彼らが負ったダメージを見ることが出来る。


・俺はこういう試合が好きだ。
両者ともクリンチしないし、たくさん動かない。
パンチだけを繰り出している。


・ファイトが興奮に見合っているのを見るのは嬉しいよ。


・ゴンザレスが勝った。
レフェリーは9ラウンド残り45秒で試合を止めた。


・レフェリーは、あそこまで試合を続けさせるべきじゃなかったと思う。


・↑何故だ?
彼は戦う為に契約したんだぞ?


・一生植物人間になる方法だよ。(モハメド・アリ)


・ヒスパニック系が再び、世界でベストなファイターであることを示した。


・日本のファイターは、死ぬまで戦う。
もし彼らと戦う場合は、反撃されないように、とどめを刺すことを忘れるな。


・ゴンザレスが文字通り八重樫を破壊した。
奴の方が明らかに強打を誇っていた。
八重樫の度胸はスゴイよ。






・ゴンザレスは間違いなく大物だ。
彼が苦戦している様子を見たのは、エストラーダ戦だけだった。
八重樫も間違いなく良いボクシングをしたが、ゴンザレスを本当に窮地に追いやることは一度も無かった。


・日本の八重樫東は、ロッキーを見るのを止めるべきだ。
顔でパンチを止めるのは、上手くいくはずがない。


・八重樫は、本当にタフな男だ。


・↑彼のことを本当に尊敬する。
でも何度かモロに喰らってしまった。


・こんな質の高い試合が、ストリーミングでしか見れないなんて冗談だよ。


・ちくしょう、八重樫は俺を泣かせる。
彼はハートだけで戦っている。

http://goo.gl/XopjUWhttp://goo.gl/5j9y9zhttp://goo.gl/W4d5xShttp://goo.gl/2TeIB2http://goo.gl/pw8l4e

follow us in feedly