errrrr

(CNN) 794年から1868年まで日本の「首都」だった京都は、日本を代表する観光地であり、今年、米国の人気旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による世界の人気観光都市ランキングで第1位に輝いた。

その京都で、特に小さな子ども連れの旅行者におすすめなのが東映太秦(うずまさ)映画村だ。ここでは、侍や芸者から「ドラゴンボール」、「セーラームーン」に至るまで、日本の大衆文化を心行くまで堪能できる。

東映太秦映画村は、日本の映画撮影を体験できるテーマパークだ。場内には江戸時代の町並みを再現した巨大なセットが数多くあり、入場者は歩きながらセットの中を見学できる。

海外の反応をまとめました。




京都と言うと日本の伝統文化の魅力に目を奪われがちだが、実は、1920年代から60年代にかけて京都は「日本のハリウッド」と呼ばれていた。しかし、当時は盛況だった映画産業も、その後徐々に衰退していった。

その対策として、大手映画スタジオの東映京都撮影所は1975年にセットの一部を一般に開放して東映太秦映画村をオープン。その後、さまざまな施設 やアトラクションを追加し、旅行者に人気のテーマパークへと成長した。現在も多くの時代劇がこの映画村のセットを使って撮影されている。


CNN取材班が最近、平日に東映太秦映画村を訪れたところ、入場者は少なめで、テレビの撮影も行われていなかったが、時代劇の撮影現場を見学し、典型的な時代劇の舞台裏をのぞくことができた。

しかし、それ以上に外国人旅行者におすすめなのがアニメミュージアムだ。この博物館には、「仮面ライダー」「セーラームーン」「ドラゴンボール」の ほか、米国の「パワーレンジャー」シリーズのモデルである「スーパー戦隊」シリーズなど、東映アニメーションが制作したテレビ番組に関連する展示物、絵や 写真、セル画が所狭しと並んでいる。

また映画村には、東映の映画に関する展示物のほかにも、忍者や侍ショーの上演、お化け屋敷、からくり忍者屋敷、トリックアートの館、3D映像が見ら れるシアター、おもしろ迷路館、ふしぎ科学館、子ども向けの室内遊具施設、浮世絵ギャラリーなど、さまざまな施設やアトラクションが用意されている。

その中で、まず「史上最恐のお化け屋敷」を体験してみた。東映のホラー映画は非常に怖いと評判なので、「グロテスクな」お化け屋敷を想像していたが、実際は思ったほどではなかった。


しかし、それでもかなり怖い。中に入ると、音響効果だけで「臆病者専用の」非常口から逃げ出したい衝動にかられ、「なぜここに入ってしまったのか」と後悔した。

次に向かったのは「からくり忍者屋敷」だ。入場者は、スタッフから忍者屋敷の歴史やからくりについて一通り説明を受けた後、実際に屋敷に入り、仕掛けられたさまざまな「からくり」を利用して出口を目指す。

またトリックアートの館には、風変わりな立体トリックアートや小道具が展示されており、それらを使ってさまざまなおもしろ写真を撮ることができる。

映画村には至る所にレストランがあり、和洋中すべてそろっているため、食事に困ることはない。京都旅行の合間にこのテーマパークを訪れる価値は十分にある。(CNN)



・みんな行ったことある?


・3人のティーンエイジャーを含んだうちの家族は、全員楽しんだ。
午後に行ったから、観光客は少なかった。
役者は写真を撮る機会に積極的にフレームに入ってきてくれた。
お化け屋敷やトリックアートの館も面白かったよ。


・子連れの場合、お寺巡りの絶好の息抜きの場になるよ。
巨大ではないけれど、数時間過ごすには十分な大きさがある。


・家族全員にとって素晴らしいタイムトラベルになったよ。
芸者や侍がいる典型的な江戸の村だった。
みんなが映画で知っている日本だよ!


・ここは典型的なテーマパークとは違う。
足を踏み入れたら、昔の日本に足を踏み入れたと感じる。
スタジオのセットは昔の日本のように飾られている。
着物などの伝統衣装や忍者のコスチュームに身を包んだキャラクターたちがいる。
道端で一日中ショーが行われている。
色んなレストラン・売店・セットがあるから楽しむと良い。
芸者や忍者の格好をして写真を撮るのが一番楽しかった。


・1950年代に日本映画は世界の頂点に君臨していた。
小津、黒澤、溝口・・・。


・日本ってなんて素晴らしいんだろう?
日本文化には魅了される。
まだ京都には行ったことが無い・・・。






京都は本当に暑くて湿度も高い。
涼しく過ごすために短パンをはけ。
食べ物は素晴らしい。


・↑大阪や関西全体が暑くて湿度が高い・・・というか日本中かな。


・アメリカでは名作のアニメの人気が再び出始めている。
特撮が次にお店やコンベンションでブームになると思う。


・俺は超電子バイオマン、宇宙刑事シャイダー、光戦隊マスクマン、そしてゴーストライダーが好きだ。


・2家族で行った。
子供たちは、2人とも7歳だった。
男の子も女の子も両方気に入っていたよ。
ドラマや映画に出演している本物の役者たちが歩いていた。
侍のショーや刀のレッスンは本当に楽しかった。


・アトラクションは大人にとっては、全然楽しくない。
特に日本語を話せないとね。





・幸運にも時代劇の撮影を見ることが出来た。
映画村で食べ物が売られていなかったのが残念だった。
でも日本中を旅する時間がないのなら、行った方が良い。


・あんまり期待していなかったけど、すごく楽しかった。
ショーはハリウッドとは違うけれど、アットホームな雰囲気で観客は楽しんでいた。

http://goo.gl/JFoNHNhttp://goo.gl/1GO3MS

follow us in feedly