errrr
8月29日に行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレス戦。12回延長2-2、一死満塁という場面でドジャースがとった、極端すぎる守備シフトが話題となっている。
パドレスの打席はセス・スミス。ここ3試合で13打数0安打と打撃が絶不調ということもあってか、ドジャースがとったシフトは「一塁と二塁の間に野手4人を並べる」という変則シフトで、さらに三塁手にショートのポジションを守らせる徹底ぶりだった。
ライト側に徹底的に野手を寄せた、このシフト。素人目から見るとぽっかり空いているレフト側に打てば良さそうなものだが、スミスの打球は、4人が待ち構えている一二塁間に転がり、あえなくホームでランナーが封殺された。
この奇策は成功したものの、後続の打者がヒットを放ち、結局ドジャースは2-3で敗れている。(Sport Watch)
海外の反応をまとめました。




ミラー

・「馬鹿みたいに見えるかもしれないが、上手くいった。
だから馬鹿ではない。」


・↑ある意味不必要だけどな。
3人でも同じことだと思う。


・ボールを強打して、2人の野手が同時に反応し飛びつこうとして、激突したら面白かったろうな。
真剣にそうなると思った。


・↑ああ、俺も一・二塁間に4人野手を並べることに問題はないが、一直線に並べるのは奇妙だと思った。
俺なら衝突の問題を避けるために、守備位置の深さを変えると思う。


・↑もし痛烈な当たりだったら、2人とも固まってどっちがか捕ると思うんじゃないか?


・↑プロの野球選手は、そんなプレーをしたりしない。


・↑俺は選手たちの間にボールが落ちるシーンを何度も見たけどね。
どちらが捕球するのか不確かだったために。


・俺はこういうの好きだな。


・こんな風に一直線に守る様子を見て、爆笑しないのは無理だ。






・1球目でバッターがライト方向に打った時、すごく笑った。


・↑バッティングコーチは、この動画を説明に使うだろうな。
「この内野シフトの時には、ライト方向に打つな!逆方向に打つこと学べ!」


・どうしてバントしないの?


・↑プライドだよ。


・↑サードにも野手がいた。
でも4人の野手を右側に並べているから、外野手に内野を守らせんだろう。


・奴はバントが上手くない。
ピッチャーに取られたら、三塁ランナーはホームで刺される。


・すごく斬新なクリケットの守備を思い出した。
http://st1.cricketcountry.com/wp-content/uploads/cricket/image_20130328080826.jpg


・↑怪我人が出るのを待っているように見える。






・逆方向に打つことの出来ないメジャーリーガーは、メジャーリーグにいるべきじゃないと思う。


・素晴らしい!でも、負けた。


・どちらにせよ、勝ったのはパドレス。


http://goo.gl/1dpJcOhttp://goo.gl/M4eLER

follow us in feedly