ori

どういう要素が女性の顔を「美しく」するのだろうか。それが難しい質問であることは、ジャーナリストのエスター・ホーニグさんが今年はじめに手がけた実験からわかっている。ホーニグさんは、自身の顔写真を世界25カ国のフォト・エディターに送り、「私をきれいにしてください」と依頼した。(ハフィンポスト)
海外の反応をまとめました。




その結果は実にさまざまだ。彼女の白い肌をさらに明るくしたものもあれば、濃くしたものもあるし、メイクを施したり、顔の骨格に手を加えたりしたものもある。「究極の美」とは何を意味するのか、「完璧な女性」は存在するのかを問いかけた実験だった。

一方、ジャーナリストのプリシラ・ユキ・ウィルソンさんが同様の実験を行なったところ、彼女がバイ・レイシャル(2つの異なる人種の親を持つ人、いわゆるハーフ)であることが、少し違った結果を招くことになった。

ウィルソンさんは自身の個人ブログで、次のように述べている。「私の結果は、ホーニグさんの結果とは対照的でした。彼女の場合は、顔がキャンバスになって、十数種もの異なる美の基準が表現されましたが、私の場合は、フォトショップを使う上で、この顔が難題を突き付けたのです」。

「バイ・レイシャルである私の場合、私の顔に簡単にうまく美の基準や型はありません」

日本人と黒人の親を持つウィルソンさんはこれまで、「自分とは何なのか」という問いに、何度も向き合わざるをえなかったと語る。自分とは合わない社会一般の「美の基準」とぶつかりながら、折り合いをつけてきたのだという。

「私 は、私のような顔をまだ完全には受け入れられない社会に生きています」とウィルソンさんは語る。「素のままの自分は、社会がつくりだす伝統的な基準には当 てはまらないと、これまでの経験で教えられてきました。そうした基準では、肌の色は白ければ白いほど好ましく、髪の毛はまっすぐのほうが魅力的で、痩せて いるほうが美しいのです」

18カ国ならびにEUのフォト・エディターたちが、ウィルソンさんの依頼に応じて生み出した作品には、世界各地の文化が女性に対して抱く期待がとても多様であることと、すべてに適合することは難しいことがわかるだろう。

ベトナム
1

インド



メキシコ


アメリカ1


アメリカ2


アメリカ3


イギリス


オランダ



スウェーデン



スリランカ


スロベニア


シンガポール


アルジェリア


マケドニア1



マケドニア2


ポルトガル


モンテネグロ


イスラエル



EU



ブラジル


アルバニア



・アルジェリア(笑)


・↑アルジェリアの写真は、宇宙人かお化けに人気がありそう。


・元の写真が一番良いと思う。


・君はどこの国でも美しいよ。


・オーマイゴッド!モンテネグロ、スロベニア、ベトナムの写真は化け物のようだ。


・アメリカとモンテネグロ以外はOKだと思う。


・スロベニアは一体何を考えているんだ?


・マケドニアの優勝。


・アルジェリアの優勝。


・アルジェリアは、明らかに依頼された仕事の内容を理解していない。


・マケドニアが一番好き。
でも何もしていないのが一番良いかな。
モンテネグロは怖い。


・俺の意見では、彼女の外見をあまりいじっていない写真が美しいと思う。






・メキシコは彼女に良いブラウスを着せているね。


・EUは国じゃないだろ。
国の連合体だ。
EUに彼女はどうやって写真を送ったんだ?


・写真を加工する人次第じゃないかな。
アメリカが良い例だ。


・論点は何なの?


・どれも成功しているようには見えない。


・こんなことは言いたくないが、写真の半数は標準以下のフォトショップの出来だと思う。


・↑全く同じことを思った。


・どうしてブロンドで青い目をしたドイツの加工写真は無いの?





・メキシコとインドは入れ替えた方が良いな。


・どの写真でも美しいと思った。


・何枚かは本当に酷いな。


・そのままが一番可愛いよ。


・フォトショップは人の見た目を良くしてくれないと証明しているだけだと思う。
彼女の元の写真が一番可愛い。
http://goo.gl/QnnBaEhttp://goo.gl/WRprWd

follow us in feedly