err
 東京電力福島第1原発事故を調べた政府の事故調査・検証委員会(政府事故調)による吉田昌郎(まさお)元所長(故人)の聴取結果書(吉田調書)を巡り、 朝日新聞が5月20日朝刊で「所員の9割が吉田氏の待機命令に違反し、福島第2原発に撤退した」と報じた問題で、同社の木村伊量(ただかず)社長が11日 記者会見した。「その場から逃げ出したような間違った印象を与える記事と判断した」として記事を取り消すとともに謝罪。自身の進退にも触れ「私の責任は逃 れられない。編集部門の抜本改革など道筋がついた段階で速やかに進退を判断する」と述べた。(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。


◇検証後「進退を判断」

 過去の従軍慰安婦報道について「慰安婦狩り」をしたとする吉田清治氏(故人)の証言を取り消すなどした検証記事(8月5、6日朝刊)で謝罪がな かったことなどに批判が出ていることについても、木村社長は「誤った記事で訂正は遅きに失したことを謝罪したい」と、この問題で初めて謝罪した。一方で、 自身の進退を問う理由は「言うまでもなく吉田調書報道の重みだ」と述べ、慰安婦報道の問題より大きいとの認識も示した。

 会見は東京・築地の同社東京本社で行われた。木村社長らによると、吉田調書を巡る当初の報道では、調書に吉田元所長が「福島第1原発の近辺への退 避を指示した」との証言があるのに加え、独自に入手した東電の内部資料には福島第1原発内の線量の低い場所で待機するよう指示したとの記述があったとし て、福島第2原発への退避を「待機命令違反」と報じたと説明。ただし、この指示が所員に伝わったかどうかは、当時の所員から一人も取材で事実を確認できな いままだったという。吉田元所長が調書で否定している「撤退」という言葉を記事で使ったことについては、「約10キロ離れた福島第2からはすぐに戻れない ため『撤退』と表現した」と説明した。

 しかし、8月に入って他の新聞社が「命令違反はなかった」との報道を始め、社内で検証したところ、吉田氏の指示が多くの所員に伝わっていなかった ことが判明したという。杉浦信之取締役編集担当は「当初は吉田氏の指示があったという外形的な事実だけで報道したが、所員が命令を知りながら意図的に背い て退避したという事実はなかった。秘匿性の高い資料で直接目に触れる記者やデスクを限定して取材を進めた結果、チェック機能が働かなかった」と釈明した。(以下略)

(毎日新聞)



・それですべて許されるのか・・・。
偽の謝罪で前に進もうとすることは、それ自体が福島の事故のように思える。


・彼らの正直さに感服する。


・どうしてジャーナリストって、こんなに嘘をつくんだ?
NBCがジョージ・ジマーマン事件の音声に手を加えたことやニューヨークタイムズ紙のジェイソン・ブレア事件のことを覚えているか?
ザ・ニュー・レパブリック誌のスティーブン・グラスとUSA TodayのJack Kelleyは言うまでもない。

ブレアは1998年のニューヨーク・タイムズ寄稿開始後はニューヨーク都市圏の警察や経済ニュースなどを担当しており、2001年に常勤記者として昇格し、2002年に全米担当の部署へ配属されていた。しかし、記事の訂正が多い事から問題視されていた。特に2002年12月にワシントンで発生した狙撃事件を巡り、地元検察が彼が執筆した記事の殆どが誤報であるとする内容の会見を行い、情報源などが疑問視された

そして2003年5月、彼が執筆したイラク戦争で戦死した兵士の家族に関する記事が、当時テキサス州のサンアントニオエクスプレスニュースの記者のマカレナ・ヘルナンデスが寄稿した記事との類似性を指摘され、他紙でもスクープされる事態となった結果、ニューヨークタイムズが調査チームを編成し調査した。

その結果、彼が2002年10月以降に執筆した記事73本のうち約36本が他紙からの盗用・捏造だった事が発覚、その中にはインタビュー記事の捏造、携帯電話やパソコンを用いて発信地を偽ると言った行為が含まれている。この事件で当人は2003年5月1日付で辞職、ニューヨーク・タイムズは2003年5月11日付の同誌で4ページに渡り同事件の記事を掲載し、「152年の歴史の中で極めて深刻な不祥事である」とした上で、当時の編集主幹と編集局長ホゥエル・レインズが辞任する事態に発展するも、先述の事件検証を行い読者に公表し、編集局長以下を処分したこともあり、事件後は名誉を回復している。

その後本人との連絡は途絶えるが、先述の通り大学へ戻った。(ウィキペディア)

ステファン・グラスは、アメリカ合衆国の元ジャーナリストで、記事捏造事件で知られている人物。

ステファン・グラスはアメリカの有力誌『The New Republic』(ザ・ニュー・レパブリック誌) において1995年から1998年にかけての3年間、若手のスター記者として働いたが、彼が書きThe New Republic誌や他誌に掲載された記事は、そこに登場する関係者の発言、情報提供者、あるいは出来事全体を捏造することによって生み出されていたこと が明らかになった。捏造が明らかになると、同誌から解雇された。

グラスの事件は2003年、Shattered Glass(邦題『ニュースの天才』)として映画化された。グラス自身、2003年に『Stephen Aaron Glass』というタイトルのフィクションを発表した。(ウィキペディア)


・日本の新聞と読者との関係が崩れたな。


・朝日新聞は、さらに慰安婦のことでも、事実とは異なることを記載したことを謝罪した。


・混乱してきた。
そもそも慰安婦なんて存在しなかったということなのか?


・↑朝日新聞は記事をいくつか撤回した。
いろいろでっち上げた男に関する記事も含めてね。
でもそれらの記事を根拠としない他の証拠には影響しない。


・どこでも新聞のことなんて信じるな。


・新聞ビジネスについて学ぶには、「クライマーズハイ」が良い。
昔のことだが、今でも変わっていないだろう。





・さっさと原発の事故処理を終えて、太平洋の汚染を止めろ。


・過去四年に渡って放射性汚染水を海に廃棄している彼らの言葉など、一言も信じない。


・どうでもいい。
日本の放射性プリュームは、まもなくアメリカ西海岸に到達する。
これは嘘ではない。


・謝罪しないよりは、遅れてでも謝罪した方が良い。
朝日は良くやったよ。


・中国や韓国のスパイから資金を得ているであろう新聞を日本が非難しているんだよ。
第二次大戦後にアメリカが行ったウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムだ。
嘘と半分だけ事実のことを広めて、メディアや教育を支配したスパイ活動だ。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムWar Guilt Information Program、略称WGIP、ウォー・ギルト・プログラムあるいはウォー・ギルト・インフォメーションとも)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領管理政策の一環として行われたとされる、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画。

文芸評論家の江藤淳が『閉された言語空間』(1989年)において、この政策の名称がGHQの内部文書に基づくものであると主張し、江藤の支持者らが肯定的にこの名称を使用している。しかし、この内部文書そのものは江藤らによって公開されておらず、実在するかどうか明確ではない。(ウィキペディア)


・朝日新聞は本当に恥ずかしいな。




http://goo.gl/szhyz2http://goo.gl/CwoxIohttp://goo.gl/1YDF2shttp://goo.gl/0FpwEZ

follow us in feedly