rerer
今年の10月23日 ~ 31日に行われる「第27回東京国際映画祭」で、任天堂の宮本茂氏が短編アニメーション作品「ピクミン ショートムービー」を世界初上映することが発表されています。
任天堂の宮本茂氏といえば、ゲーマーには説明不要の有名人でしょう。『スーパーマリオブラザーズ』や『ドンキーコング』、そして『ゼルダの伝説』シリーズ を生み出したプロデューサーですが、今回はゲームでは描ききれないキャラクターの表現を研究したプロジェクトの成果として、『ピクミン』の短編アニメー ション作品を公開します。(iNSIDE)
海外の反応をまとめました。



『ピクミン』は、不思議な生物「ピクミン」たちを従え惑星を探索するAIアクションゲームです。今回のアニメーション作品は、キャプテン・オリマーの大好 物であるジュースを作る「真夜中のジュース」、ピクミンが不思議な宝物と出会う「ビンの中のお宝」、工事現場で繰り広げられる大スペクタクル「たいへんな 一日」の3本が上映予定となっています。
本作の上映は、すべてTOHOシネマズ日本橋で実施。上映は無料ですが、事前の抽選が行われます。
10月25日以外の上映日、および事前抽選の詳細については、映画祭公式サイトにて後日掲載されますので、そちらをご覧ください。
また、10月25日には作品上映後に、ドワンゴの代表取締役会長、スタジオジブリにてプロデューサー見習いでもある川上量生氏と宮本茂氏の対談イベントも開催されます。(iNSIDE)


・上手くいくのか?
それでも俺は見るけどね。


・やっとだよ。
俺は何年もピクミンのアニメ化を待っていた。
ピクミン3のカットシーンと同じくらい高品質であることを祈りたい。
あれはとても面白かった。


・ピクミンには次のポケモンになってもらいたいね。
とても明るくてカラフルで、販売に適したキャラクターだよ。


・スーパーマリオの映画の後、任天堂は映画を永遠に止めると誓ったと思っていた。


・↑どうぶつの森の映画はすごく良かったよ。


・ずいぶん前に発表されたと思っていたが。
彼らが忘れていなくて良かった。


・待たせすぎだよ。
いつ発表されたんだっけ?
2012年のE3?


・↑アニメ作品に2年だぞ?
そんなに長いか?


・いいね。
宮本が楽しむためにやるだけのような気もするが。
小さな短編映画なら、気楽な楽しみになると思う。


・一つだけ確かなことがある。
間違いなく、可愛いくなると思う。






・最近のゲームの映画化の流れは何なんだ?
今度はマイクロソフトがHaloの映画を発表するのか?


・↑Haloのテレビ番組がもう既にある。


・これは・・・素晴らしいニュースだ!


・退屈そう。


・ピクサーにやらせるべきだったよ。


・ネタバレ・・・・・・赤ピクミンが死ぬ。


・少なくとも上映時間は1時間あってほしい。
ずっと待っていた。


・次はゼルダ・マリオ・メトロイドでやってくれ。





・冒険するのは面白いけど、ピクミンにストーリーなんてあるの?


・ピクミンはショートムービーにピッタリだと思う。


・ファンサービス:任天堂式。


・いいや・・・やめてくれ・・・傑作に手を出さないでくれ。


・素晴らしい。
可能性に溢れていると思う。
http://goo.gl/7iEMGYhttp://goo.gl/zCI1xfhttp://goo.gl/i4ZTzQhttp://goo.gl/JIHgB3http://goo.gl/C7zKFohttp://goo.gl/B5bMZ6

follow us in feedly