rer

海外の反応をまとめました。




・あの消火栓は、今でも同じ場所にある。
グーグルストリートビュー リンク


・↑サンフランシスコでは、消火栓は白なのか?


・↑たしか水圧によって色が違うと思う。


・最も魅力的に感じるのは、サンフランシスコのように都市再開発されている都市でも、今でも残っている建物がある点だ。


・あの男は、ダブルブレステッドの 3ピーススーツを着ているぞ。


・↑物凄く小奇麗だ。


・街角で、「これは内部の犯行だ!目を覚ませ、みんな!」と叫ぶ男が欠けている。


・美しいカラーだ。
オリジナルの写真は無いのか?


・↑ここにあるよ。
白黒の方が良いと思う。
http://lcweb2.loc.gov/service/pnp/fsa/8c33000/8c33700/8c33704v.jpg






・「Enemy planes near NY off Atlantic(敵機がニューヨーク近くの大西洋沖合に)」
↑アメリカが第二次大戦に突入する頃に、こんなことが起きたなんて聞いたことがない。
ドイツのUボートが東海岸に迫っていたことなら聞いたことがある。


「Enemy planes near NY off Atlantic(敵機がニューヨーク近くの大西洋沖合に)」
↑これは不吉だな。
当時のタブロイド紙は見出しに関して大胆だったのだろうか?
それともドイツが日本と共謀して、両海岸からアメリカに侵攻してくる懸念があったのだろうか?
考えれば考えるほど、アメリカの新聞紙上に恐怖が渦巻いていたように感じる。


・↑9/11を含めた攻撃の後には、色んな噂が出回った。
この写真の新聞上にもたくさんの噂が掲載されている。


・ジャーナリズムの黄金期だよな。
新聞の一面で、敵について人種差別的な侮辱をすることが出来る。


・↑戦争101:敵を非人間化しろ。


・↑さらにアメリカ市民である人種を丸ごと収容しても、歴史上最高の大統領だと見なされる。


・↑戦争で手の汚れない者などいない。


・↑市民権をはく奪しようとしたしね。


・ゴミが全くない。
当時の人たちは綺麗好きだったのか?
それとも誰かが道を掃除していたのか?




http://goo.gl/177JFEhttp://goo.gl/myZZsL

follow us in feedly