ew
2003年8月15日、K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGASではボブ・サップがキモと の試合後に「Tyson, you're next!!(タイソン、次はお前だ!)」とリングサイドで観戦していたタイソンを挑発すると、タイソンが「Sign the contract big boy.(契約書にサインしな、デカい坊や)」と返答したことからサップとの対戦が行われるのではと格闘技ファンの期待を煽ったが、未だ実現していない。 高額なファイトマネーが下げられない事やタイソンの犯罪歴による入国不可問題(日本国または日本国以外の国の法令に違反して1年以上の懲役もしくは禁固、 又はこれらの相当する刑に処せられた事のある者は原則として日本に入国不可)などが絡んでいる。サップは当初から対戦が頓挫すると予想していたが、これ以 来タイソンとサップは共に食事に出かけるなど友人関係を築き上げている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。





・タイソンと戦う契約をするなんて、ボブ・サップには度胸があるな。


・↑完全にステロイドで大きくなったボブ・サップと戦うのも冗談ではすまされないけどな。


・↑彼はホースト、レ・バンナ、アビディ、クロコップ、ボンヤスキー、セフォー、武蔵、アーツ、ノゲイラ、藤田と戦った。
彼のタフな奴らと戦おうとする意志には、少しの疑いもない。


・↑プフ!
サップはきちんと防御した打撃を何度か受けつつも、ドシドシ歩きあがら、強烈な打撃をそこかしろに加えるだけで良い。
それからタイソンをしっかり捕まえて、ボディを喰らわせるだけだ。


・↑それは総合格闘技で勝とうとするボブ・サップとの戦いだな。
彼の総合格闘技とキックボクシングの戦績を見ると、彼は05~07年に勝とうとするのを止めたように思える。


・タイソンは自伝で、K1とボブ・サップとの交渉に言及している。
でも真剣には捉えていなかった。
彼はキックのことなんてまるで知らないし、奴らにボコボコにされるとすら書いていた。


・↑ボブ・サップは、ムエタイで有名なわけではないだろ。
マイク・タイソンは、どんな総合格闘家相手でもアウトボクシングで戦うことが出来る。


・↑実際のK1は、彼にとっては非常に厳しかったと思う。
彼は食い物にされていたと思う。
キックは彼にとっては本当に不利だ。
でも、ボブ・サップのような相手ならKO出来るチャンスはあったと思う。


・↑タイソンは、ボブ・サップなら破壊していたと思うが、良いキックを持つ相手には破壊されていただろうな。






・タイソンなら、ボブ・サップと取っ組み合いの喧嘩が出来ていただろうな。


・彼らはラスベガスで戦うべきだったよ。
K1はすぐにアメリカ市場に進出することが出来ただろうし、K1がどうなっていたかは、誰にも分からなかったと思う。


・タイソンのビザは、ちょうど良いタイミングで認められなかったな。
サップは、タップアウトするところだったよ。


・サップはまた泣くところだったよ。




・誰も動画を貼らないの?
分かったよ、さあどうぞ。

http://goo.gl/iLVktY

15歳の頃のマイク・タイソン、凄すぎワロタ(海外の反応)

(海外の反応) マイク・タイソンのパンチのかわし方が凄い


follow us in feedly