r

【9月19日 AFP】(一部更新)米アップル(Apple)の新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone 6」が19日、日米など世界10か国で発売された。日本の販売店には、いち早く最新型の機種を入手しようとする中国人バイヤーが殺到。発売開始から間もなく、転売市場が賑わいを見せている。

 香港(Hong Kong)のバイヤーはAFPの取材に、「iPhone 6 Plus」の128ギガバイト・モデルなら手に入れるために1万8000香港ドル(約25万円)まで出す用意があると語った。

海外の反応をまとめました。




「予約が約200件入っていて、60~70%は中国本土の客だ」と述べたこのバイヤーは、スタッフ10人を使ってできるだけたくさんのiPhone を集めようとしているという。予約客に最も人気が高いのは128ギガバイトの「iPhone 6 Plus」ゴールドモデルで、2万香港ドル(約28万円)で売る予定だという。

 日本で当初からSIMロックフリー版のiPhoneが発売されるのは今回が初めてで、東京・銀座のアップル直営店前には19日、多数の中国人が列を作った。日本語も英語も話さない中国本土から来たとみられる中国人の姿もみられた。

「iPhone 6/6 Plus」には1人2台までの購入制限がある。都内の学校に通う中国人留学生(29)は、自分用の1台のほかにもう1台買って中国にいる友人に売ると話した。

 中国国営新華社(Xinhua)通信によると、アップルはiPhone 6/6 Plus中国で販売するにはさらにネットワークアクセスの認可を得る必要があるという。

 アップルによると、「iPhone 6/6 Plus」には発表後24時間で400万件の予約が殺到したという。(c)AFP
er


・中国人は節約家だよ。
みんなが信じていることとは違うにせよ、彼らは品質の高い商品にした金を使いたがらない。
彼らは最新のiPhoneを手に入れるのに必死だ。
富の象徴で、他人に自慢する権利だからね。


・中国人はアメリカと品質の良い物をいくら手に入れても満足できない。
彼らはアメリカのことが大好きだ。


・↑いいや、中国人は地元で作られた製品を買う。
アメリカと違ってね。


・↑iPhoneは台湾企業が中国で作ったのかと思っていたよ。


・ステータスシンボルさ。
機能の為に外国まで電話を買いに来ているわけじゃない。
もし中国で発売されていたら、それほど欲しがらないだろう。


・日本のアップルストア内で、中国人の転売屋が暴力を振るったことには触れないのか?
彼らは金の為なら何でもする。


・ここシリコンバレーは、一番最後にiPhone6を手にする。
ここで設計されたのに。
あと数時間したら、列に並ぶよ。
iPhoneの行列に並ぶのは好きだ。
普段よりも面白い人たちに出会えるから。


・アップルだけだな。
グーグルとマイクロソフトは、ハードでもソフトでも世界共通のプラットフォームを提供する。


・サムスンの連中は、気が狂いそうになっているだろうな。
「何・・・?なんて愚かな連中だ。サムスンのアンドロイドの方がずっと良いのに・・・。
iPhoneを馬鹿にするCMをもっと作らねば。」






・わあ!
5年経ったら、80%offになる製品を買うために急ぐのか?


・人類はなんて哀れになったのだろうか。
古い物でもすべてが出来るのに、新しく光輝くおもちゃを求める。
それでも持たないといけないんだ。


・誰がこんな新しいガラクタを買うんだ?
俺はいまだに折り畳みのケータイを持っていて、今でも使えるぞ。


・俺が3年間に買ったアンドロイドと同じ性能を持つ高すぎる製品に金を使おう。


・どうして彼はバットマンの格好をしているんだ?
その件を記事にしてくれ。


・バットコンピューターがあるのに、バットマンにiPhoneが必要なのか?




http://goo.gl/TrRxAK

follow us in feedly