err
創刊15周年を迎えるファッション誌「VOGUE JAPAN」が、11月号(9月27日発売)にてアニバーサリー企画第3弾として、世界で最も影響力のあるフォトグラファーのひとり、マリオ・テスティーノの撮影&編集による特別号を展開。世界的スーパーモデルのミランダ・カーを、日本文化を象徴する「芸者」「侍」「漫画」の3つのテーマで撮り下ろしたスペシャル表紙が、このほどお披露目された。(cinemacafe.net)
海外の反応をまとめました。




今回の特別号では、ミランダ自身の言葉で語られる、マリオとの撮影や“第二の故郷”と語る日本への思い、そして美の秘訣をインタビューが掲載されるとのこと。今回公開されたビジュアルでは、イメージの詳細は明らかにされていないが、「芸者」や「侍」は“ファッション+和”といった趣きがあり、「漫画」をテーマにしたものでは、ツインテールに水色のファッションで、フランスでも大人気と言われるボーカロイド・初音ミク(?)を思わせるビジュアルとなっている。マリオは、今回の特別号のテーマに「オブセッション――物事へのこだわりや何かをひたむきに追及する姿勢」を選んだといい、「80年代からたびたび日本を訪れているが、初めて来日したときから日本との精神的な繋がりを深く感じている。日本人はさまざまなレベルにおいて、何をするにしても揺るぎない絶対的な信念を持っているということに気づいた。これは日本人のある種のこだわり、一途さなのだと私は考えている」とコメントを寄せている。このミランダの表紙撮影の模様は、「VOGUE JAPAN」インスタグラムおよび公式サイトにて公開中。表紙の撮影バックステージ動画は、9月25日(木)より公開される予定だ。(cinemacafe.net)
e

2

33

↓動画 画像上で右クリック→再生



・読むのを楽しみにしているよ。


・動画を100回見た。


・凄く怖かった。


・写真は別として、ミランダは凄く魅力的だよ。


・わあ!すごく良いね。
俺はアニメ好きだけど、彼女はまるでアニメかテレビゲームのキャラクターのようだ。
例えば、ファイナルファンタジーとか。


・表紙のあのジャケットは素晴らしいね。


・凄く可愛らしい。


・芸者の方がミランダ・カーよりもずっと可愛いよ。


・彼女はどうしていつも不敵な笑みを浮かべるの?


・↑バッテリーが上がったんだろう。


・あの格好は凄味があるよ。


・撮影するのに良いテーマだと思う。
青い服を着て、ピギーテイルをしている写真が一番好き。


・今まで一番のミランダの写真だよ。


・普段は魅力的ではないけれど、この写真の中の彼女は凄く良いと言わざるをえない。






・ちょっと前に、ケイティ・ペリーが芸者みたいな格好をしてトラブルに巻き込まれなかったっけ?
(間違った日本像) ケイティ・ペリーが米音楽賞受賞式で行ったキモノ姿でのパフォーマンスが話題に(海外の反応)


・↑文化の流用だよ。


・日本は流行を追いまくる人の世界の首都だな。


・フォトショップマシーンが居残りで仕事をしたようだ。


・ネイティブアメリカンの格好をすると、みんなが憤慨するのに、これはOKなの?
私はこれに問題を感じないけど、セレブに特定のステレオタイプの格好をさせると、口汚く罵られるでしょ。
でもこれは罵られていない。


・彼女の顔をこういうモデルには向いていないと思う。
平ら過ぎて面白みがない。
セクシーな撮影にこだわった方が良いと思う。





・下着のモデルを頑張るべきだね。
ハイファッション向きではない。


・↑嫉妬した女たちが「いいね」を押している臭いがする。


・彼女がちょっと違うことをする様子を見られるのは良いことだ。
31歳なのに、今でもトップだ。
変わった見た目をしているが、とても魅力的だ。
http://goo.gl/UwqvNZhttp://goo.gl/zZqpLE
イギリス人女性の間で日本の着物?にヒントを得たファッションが流行(海外の反応)


日本文化を世界に伝える着物コスプレデュオ「YANAKIKU」を見た海外の反応(海外の反応)

follow us in feedly