s
防衛省は、領空に接近する外国軍機をいち早く発見する早期警戒機の初の国産化に向けた研究をスタートさせる。

 中国の軍事費増強などで厳しさを増している日本周辺の安全保障環境への対応能力を強化することが狙いで、2020年代半ばまでの開発を目指し、老朽化が進む米国製現行機の後継候補としたい考えだ。

 早期警戒機は、機体の上部にレーダーを載せ、地上の固定式レーダーからは届かないような遠方や低空の警戒監視に当たっている。領空侵犯の恐れがある航空機をレーダーで見つけると、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して警告する仕組みだ。(読売新聞)

海外の反応をまとめました。




空自では現在、米国製早期警戒機「E2C」13機が、指揮機能も備える 空中警戒管制機「E767」とともに、警戒監視に当たっている。E2Cはすでに導入から長期間が経過し、後継機の検討が急務。防衛省は、E2Cの米国製後 継機に加え、国産早期警戒機も導入したい考えで、来年度予算の概算要求で調査研究費8000万円を計上した。

 防衛省は来年度には、民間企業と協力して模擬機を製作する。実 際の機体は、防衛省が開発した最新鋭の対潜水艦哨戒機「P1」をベースに、国産の固定式地上レーダーなどを応用したレーダーを搭載する構想だ。ただ、P1 の開発完了までには12年間で2528億円が投じられているため、さらなる国産開発を行うにはコスト面が課題となる。(読売新聞)


fd


・正しい方向に進んでいる。
良い動きだよ。
日本には能力があるからな。
どうしてこの数十年、日本経済は衰退してしまったのだろうか?


・日本には、防衛費に関する優先事項があると思う。
どうして日本には能力のない領域なのに、国産の物と代えようと金を使うんだ?


・つまり安倍はオバマの部下を追い出したいということだろ。


・日本は自身で航空機・ミサイル・核兵器を作りだせるほど賢い。
オバマ政権下のアメリカなんて誰も信用しないからな。
イスラエルとエジプトも後に続くべきだよ。


・政治家たちが話し合いの場を設けて、相互に軍事費を削減することに同意するのはどうだろうか?


・ほとんどのアメリカの技術・知識は、中国人ハッカーによって盗まれてしまったから、道理に適っているよ。


・日本に攻撃型武器を持たせないという、アメリカの第二次大戦での要求を取り下げる時だ。
今は違う世界だし、彼らは我々の同盟国だ。


・敵よりも良い兵器を作れるのなら、そうするべきだ。


・中国は恩知らずだ。
アメリカは日本に軍備の増強をさせてやるべきだ。






・日本を再武装化させるのは、中国・ロシアとの間に波風を立てるのと同じことだ。
日本は素晴らしい戦士だ。
中国・ロシアよりもずっと優秀だよ。


・日本が自分たちで飛行機を作ってしまったら、どうやってアメリカ企業は金を稼ぐんだ?


・まもなく、アメリカの軍事産業で大規模な解雇が起きたとニュースで聞くことになるな。


・アメリカは、軍事産業における競争相手を作り出してしまったな。
もうすぐ我々はNo1の座か陥落するだろう。


・どの国もこんなガラクタに金を使わないで、自国民に金を与え始めるべきだよ。


・↑そんなことが出来たら素晴らしいよね。
でもロシアも中国もあまり良い隣人ではないからな。


・巨大なロボットにトランスフォームするんだろ。


・日本には技術者がたくさんいるから、そんなに難しくないのでは?





・戦争は地獄だぞ。


・日本はその才能を使って、アメリカ・ロシアと軍事産業で競うべきだな。


・行け、中国。
日本をこづき続けるんだ。
日本が次に何をするのか見てみよう。


・またアメリカ人の仕事が無くなってしまた。アハハハ。


http://goo.gl/mqcrLshttp://goo.gl/nI6Glf
日本初の国産ステルス機「心神」を見た海外の反応(海外の反応)

日本初の国産ステルス機が来年1月に初飛行へ(海外の反応)

follow us in feedly