rererre
ザ・グレート・サスケ(1969年7月18日 - )は、日本の男性覆面レスラー。本名・旧リングネーム:村川 政徳(むらかわ まさのり)。元岩手県議会議員(1期)。みちのくプロレス所属。株式会社アルファ・ジャパンプロモーション所属。岩手県盛岡市出身、宮古市在住。岩手県立盛岡第三高等学校卒業。スペル・デルフィン、ウルティモ・ドラゴンと並びジャパニーズ・ルチャの立役者の一人で、『東北の英雄』、『みちのくの星』『救世主』『マスター』等のニックネームを持つ。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




県議としての覆面着用問題
2003年に岩手県議会議員選挙に出馬、ザ・グレート・サスケの登録名、かつ覆面姿で選挙活動を行い、4月13日トップ当選した。本人は覆面をつ けたまま議会に出席することを公約した上での当選であったが、自由民主党・公明党の県議団が「覆面を外して活動するべき」と主張、翌14日に増田寛也岩 手県知事(当時)がそれに関して発言した際に全国メディアで「覆面を外すべき」との発言をしたと報道された(実際には「個人が判断する事だが、もし私が同 じ立場だったら覆面を脱ぐ」と発言。地元メディアは発言全体を報道したが全国メディアは発言の一部のみを報道したため誤解が生じた。なお、サスケ側は「覆 面着用禁止ならば選挙出馬時点で注意されると思った」とコメントしている。)ため、ニューヨーク・タイムズが 写真付きで報じるなど、大きな話題となった。増田知事は覆面着用の問題点として「顔が隠れるため表情を有権者が読みとれず、政治家としての活動について評 価することができない」点を挙げたため、サスケはそれまで着用していたマスクに比べ大幅に顔の露出部分を増やした特注品を作成し、対応した。
報道が過熱する一方で増田知事はこの対応を受け入れ(サスケは「新しいマスクができたら着用した姿を最初に知事に見せたい」と発言、実行し た。)、覆面での登院を容認した。しかし、岩手県議会では自由民主党・公明党の県議団が覆面着用は「議会の品位を損なう」ものだとして問題視し、「議場で の覆面着用禁止の会議規則改正案」を提出した。2か月に渡って状況は混乱したが、2003年6月25日、県会議で同議案は記名投票で可否同数となり、藤原良信議長による議長決裁で否決(岩手県議会での議長決裁は55年ぶり)、覆面着用が容認されることになった。
当選後は県議会民主党会派「民主・県民会議」に所属した。覆面問題に関連して、議員証の会社写真において、素顔にするか覆面にするかでも問題も発生。議員証では素顔写真とすることとなったが、この素顔写真の議員証は議員個人が所持しておくもので素顔写真を公開する必要はない。(ウィキペディア)


・ここにスーツ姿で投票する彼の写真がある。
https://lh4.googleusercontent.com/proxy/E_imyCqSlr6gaoez7-NmDbdpg-HhsEuL0YGWxVe0CMMBi4nM4vxOaZ90y2TmXRcUV5n47hjTq42Qc9e_9gjCrtra0h1i8sMy3bM=w397-h594-nc


・↑俺の目にはすごくフォトショップで加工されているように見える。


・誰も彼を怒らせたくないだろう。
彼にNoと言いたいか?


・↑2009年に彼は、彼の写真を撮ろうとした男を叩きのめした。
だから君には同意しよう。


・↑スーツにルチャリブレのマスクを被っている男を日本の地下鉄で見かけたら、他にどうしろと言うのだ?


・↑ジャッキーチェンアドベンチャーエル・トロを思い出した。



・↑エル・トロは、決してマスクを外さない。


・未来から来たロボットのカリフォルニア州知事も、今もマスクを被っているぞ。


・日本はプロレスに関してはふざけたりしないからな。






・商売を失うわけにいかない。


・ストロングスタイル。
ストロングスタイルStrong Style)は、プロレスのスタイルの1つ。「強さ」による実力主義を前面に打ち出したスタイル及びコンセプトの総称として用いられる。別称「闘魂プロレス(とうこんプロレス)」。(ウィキペディア)

・俺たちの議会にもルチャドール(ルチャリブレのレスラー)が必要。


・あのマスクは正義のシンボル。


・彼が革命について語り出すまで待て。


・Narutoはどこ?


・人々は、ザ・グレート・サスケに対して投票したんだ。
マスクの下の男に対して投票したわけではない。




http://goo.gl/ylic6F

follow us in feedly