er
[ニューヨーク 25日 ロイター] - 安倍晋三首相は25日、訪問中のニューヨークで会見し、11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で日中首脳会談が実現できればよい とし、日中関係改善に向け「両国が互いに静かな努力を重ねることが必要だ」と述べた。 安倍首相は、中国や韓国との関係について「改善していきたいと考えている」とし「さまざまな課題があるからこそ前提 条件をつけずに対話していくべきだ」との考えをあらためて示した。また、日韓の首脳会談についても、国際会議の機会に行うことができればいいと考えている と述べた。 日ロ関係については、先日のプーチン大統領との電話会談で、今後も両国間で対話を継続することで一致したと指摘。「ロシアに責任ある国家としてふるまうよう働きかけを行うためにも対話は重要だ。日ロ関係は、今後も日本の国益に資するよう進めていく」と語った。 プーチン大統領の訪日については「引き続き実現を目指していく考えだが、訪日日程は決まってない。種々の要素を総合 的に考慮して検討していく」との考えを示した。また、「11月北京APECの際の首脳会談の可能性も含め、マルチの国際会議の機会を活用していく考えだ」 とした。
海外の反応をまとめました。





・完全に予想外の発言ではないが、興味深い。
日本が新たにロシアに制裁を科した後だから、面白いね。


・滑稽だよ。
日本はロシアへの制裁を厳しくしたばかりなのに、良い関係を望む。


・安倍「君の顔にビンタをするけれど、良い関係を持ちたい。」


・安倍氏よ。
親中派は君のことを戦争屋と呼んでいたが、今は君のことを何と呼ぶのだろうか?


・日本への真の危険は、ロシアだけだよ。


・↑中国よりは危険じゃない。


・どうしてこの発言が驚きなんだ?
近隣国と良い関係を保ちたいと思わないのは、東欧諸国だけだと思うが。


・中国の侵略がアジアを不安定にしている。






・北朝鮮の拉致問題に関して、中国が日本と協力したがる様子を見れて嬉しく思う。
日中韓は自然な同盟相手だ。
前に進んで、互いの関係を強固なものにできれば、多くのことを得られるだろう。
愛想のよい近隣諸国ではなく、友人同士としてね。
過去の歴史はあまり良いものではないが、未来は良くなりうる。


・誰か安倍に黙るように言えよ。
彼は嘘しか言わない。
どの国も彼の発言を信じるべきじゃない。


・そもそもトラブルを巻き起こしたのは安倍自身だ。
彼が権力に就く前は、アジアはずっと穏やかだった。


・良いと思う。
でも君の真の友人は、北米・EU・オーストラリアであることを忘れないでくれ。


・真の疑問は、中国が君たちとより親密な関係を築きたいか?ということだ。


・日本は賢いから、オバマ政権下のアメリカを信用せずに、中韓露に近づこうとしている。





http://goo.gl/KyK6JBhttp://goo.gl/RELXYMhttp://goo.gl/UvzfNh

follow us in feedly