ff
海外の反応をまとめました。





截拳道は、俳優・武道家のブルース・リーの哲学。武道のみならず、人間としての生き方を表す思想である。英語でJeet Kune Doと書く(広東語を英語に当てた発音)。日本では、かつて「せっけんどう」と呼ばれたが、その創始までの流れが明らかになった現在、ジークンドーと呼ばれるようになった。ブルース・リー自身が使ったように、頭文字をとってJKDと呼ばれることもある。

截拳道は、一般にリーが幼少期より学んだ詠春拳、節拳(弾腿門)などのカンフー(ブルース・リーは“グンフー”と発音していた)の技術に、レスリング、ボクシング、サバット、合気道、柔道などさまざまな格闘技、フェンシングなどの技術・エッセンスが取り入れられている武道。機械的な暗記法(套路、型)にとらわれない戦術を重視しており、ビルジー(目突き)、金的への攻撃、喉への攻撃など効率的に相手を倒す技も多い。また、哲学的側面に道教のダオ(Tao)思 想の影響が見られる。2011年、米国で出版された『Tao of Jeet Kune Do Expanded Edition』(Black Belt Communications Inc.)では、その思想が新たな追加原稿とともに詳しく掲載されている。※JKDインストラクターとしては、日本人で唯一、中村頼永が“Taoに関する 洞察”を執筆している。(ウィキペディア)



・日本の東海岸にゴジラ警報。


・津波警報?


・↑実は彼がパンチを見舞うたびに、日本が揺れた。


・ブルース・リー「一万回の蹴りを一度練習した男を恐れるな。一回の蹴りを一万回練習した男を恐れろ。


・↑百回の蹴りを百回練習した男は?


・動画を見た時の俺のリアクション「両方ともマスクを被っている。どちらがブルース・リ...ああ、あっちがブルース・リーか。


・↑同じようなことがまたあったら、サウスポーかどうか見ろ。
彼は右利きだけど、サウスポーだ。


・まるで悟空だよ。
実在する悟空。


・最後の一撃は素晴らしかったな。






・ ブルース・リーの映画ファンの人は、「イップ・マン 序章」を見てみると良い。
定式化されているけれど、今まで見たカンフー映画で一番だった。


・↑
イップ・マン 序章もイップ・マン 葉問も両方とも良い映画だよ。


・タイソンがブルース・リーと喧嘩したら、タイソンが勝つ?


・↑ああ、体重で階級が区別されているのには理由がある。


・ ブルース・リーは、役者だよ。


・ガードを上げろよ!何をしているんだ!


・俺なら奴をやれる。


・ ジョン・シナなら、彼を簡単にやっつけられる。


・彼の時代なら良かったかもしれないが、今なら低レベルの総合格闘家でも彼を倒すことが出来る。





・ ブルース・リーが生きていたら、どんな重量級のUFCファイターや総合格闘技家・ヘビー級のボクサーにも勝てる。
賭けても良いよ。


・こんなの実際の戦いでは役に立つわけがない。


・このスレの連中。
http://goo.gl/B2uHbLhttp://goo.gl/Rf5t2p

follow us in feedly