rer
【10月3日 AFP】米カジュアルウエアブランド「アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)」が頭髪を覆い隠すスカーフの着用を理由にイスラム教徒の女性を雇用しなかったのは差別かどうかが争われている訴訟で、米連邦最高裁は2日、上告を受理した。来年1月に口頭弁論を行い、9人の判事が6月に判断を下す見通し。
海外の反応をまとめました。



この訴訟は2008年、サマンサ・エラウフ(Samantha Elauf)さん(当時17)が、「ヒジャブ」を着用しているのはアバクロンビー&フィッチの「外見規定」違反だとして、米オクラホマ(Oklahoma)州タルサ(Tulsa)の同ブランド店舗から採用を断られたのは雇用差別だとするもの。

 米連邦地裁はアバクロンビー&フィッチによる差別があったと認定したが、第10巡回控訴裁判所(高裁)は、1964年の公民権法で保護対象となるのは「宗教上の便宜供与が必要なことを明確に通知」した従業員に限られると判断。これを受けて、米雇用機会均等委員会(Equal Employment Opportunity Commission、EEOC)が連邦最高裁に上告申し立てを行っていた。

 公民権法では、雇用主が事業に不利益をもたらさずに被雇用者の信仰に便宜を供与できない場合を除き、信仰する宗教を理由に雇用を拒否することを禁じている。

 裁判資料によるとエラウフさんは、同社の子供服ブランド「アバクロンビーキッズ(Abercrombie Kids)」の求人に応募した際、信仰に基づく服装で勤務できるよう「外見規定」を緩和できるかどうかについて質問はしなかった。また、面接ではヒジャブを着用しないよう忠告され、アバクロンビー&フィッチの美意識に合致した服を着るよう勧められたという。

「エラウフさんは面接の前から、応募した仕事がアバクロンビースタイルの『モデル』となることを求められると知っていた。アバクロンビーが販売する衣服がどんなものかも、アバクロンビーではヒジャブを扱っていないことも知っていた」と、会社側は主張している。

 10代を中心に高い人気を誇るアバクロンビー&フィッチは、すらりとした肉体美の販売員が店舗入り口で客を案内したり、ローライズ・ジーンズや胸 元の大きく空いた服、着丈が短く腹部があらわになってしまうシャツやミニスカートなどを着用したりすることで知られる。(c)AFP


・宗教の自由の議論は置いといて、この若い女性はアバクロと距離を置いた方が良いと思う。


・国中の公立学校は、愛国心を煽るTシャツを禁止している。
それなのに、俺たちはこの件を気にしないといけないの?


・この国には幸せに暮らすイスラム教がたくさんいる。
彼らは上手くやっているよ。


・これはアメリカでルールがある。
どうして服装の規定があって、自分が働けないと知っている場所に応募するんだ?


・企業の方針は、みんなの為の物で、一個人の宗教の為の物ではない。
もし彼女が殺人事件の捜査で、警察から身元を明かすように命令されたら、宗教を理由に断ることが出来るか?


・ここにいる人たちを教育しようと思う。
多くの人たちが、俺の書くことを理解できないと思うが。
憲法は政府を制限するものであって、人々を制限するために存在するわけではない。


・↑君には同意するが、企業には従業員の服装をコントロールする権利がある。


・そもそも、どうしてイスラム教徒の女性がアバクロで働こうと思ったんだ?


・6年前?
この女性は、そんなにアバクロで働きたいのか?






・宗教を他人に押し付ける一例だよ。


・馬鹿げているな。
働いている時だけ被らなきゃ良いだろ。
別に地獄に行くわけじゃない。


・この件が最高裁まで持ち込まれることに驚いたよ。


・民間企業の服装規定は、連邦政府の管轄外だろ。


・雇用する側は、好きに雇う人間を選ぶことが出来る。
他の企業に応募しろ。


・宗教に関係なく、頭に何かを着用するのを企業が禁止しているだけだろ。


・憲法上の宗教の自由が、皆にあるはずだ。





・俺の大嫌いなアバクロは、ゆすりで逆提訴した方が良いと思う。


・従業員に制服の着用が義務付けられる場合に、個人に便宜なんて図れるか?


・どうせ彼らは解雇するための別の理由を探すさ。
企業は好きな人間を雇用できる。

http://goo.gl/7ZBXDUhttp://goo.gl/HTtwS7http://goo.gl/OQE5TBhttp://goo.gl/mhvOmkhttp://goo.gl/JkcbJChttp://goo.gl/bQcED8

follow us in feedly