erre
海外の反応をまとめました。





 

・素晴らしい。
レトロだけれども、未来のように感じる。


・良い作品だ。
悲しい話だけれどね。


・この物語をもっと見たいな。


・コンセプトが面白いね。
音楽とCGも良く出来ている。


・このアートスタイルは何?
スチームパンク?
スチームパンク(英語: steampunk)とは、サイエンス・フィクションのサブジャンルの1つである。関連ジャンルとしてファンタジー、歴史改変もの、スペキュレイティブ・フィクションがある。1980年前後が勃興期であり、1980年代から1990年代初めごろまで特に人気を博したが、その後もSFの1サブジャンルとして定着し現在に至る。蒸気機関が広く使われている設定で、ヴィクトリア朝のイギリスや西部開拓時代のアメリカを舞台とすることが多く、そのような中にSFやファンタジーの要素を組み込んでいる。ヴィクトリア朝の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新を登場させ、同時にヴィクトリア朝のファッション、文化、建築スタイル、芸術を描く。スチームパンク的テクノロジーとしては、H・G・ウェルズやジュール・ヴェルヌの作品にでてくるような架空の機械、最近の作家ではフィリップ・プルマン、スコット・ウエスターフェルド、チャイナ・ミエヴィルの作品にでてくるような架空の機械がある。(ウィキペディア)

・↑むしろディーゼルパンクだな。
「ディーゼルパンク (Dieselpunk)」はロールプレイングゲーム Children of the Sun の制作者が提案したサブジャンルで、スチームパンクに似ているが20世紀中葉のパルプ・マガジンの影響を受けており、石油がエネルギー源として使われている設定で、そういう意味ではスチームパンクよりも現代に近い。ただし、完全にディーゼルパンクだと言える有名な作品はなく、レトロフューチャー的映画『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』や2001年のアクティビジョンのテレビゲーム Return to Castle Wolfenstein などがディーゼルパンク作品とされている。(ウィキペディア)

・↑こんなサブジャンルがあるとは知らなかった。
いいね。


・↑今日初めて知ったよ。


・↑「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」の予告編か全編をチェックしてみると良い。


・↑マッドマックスのような映画もディーゼルパンクと見なされる。






・とても印象的だ。
特にデザインが良いね。


・小型の爆弾がたくさんあったのだから、爆発はもっと小さくて広範囲に渡るべきでは?


・爆撃機の銃がパワフルすぎる。


・こういう動画を長年探していた。
良い一日になった。


・この男はテレビゲームを作るべきだ。


・凄く憂鬱になるけれど、気に入ったよ。


・ウォーリー2?





・この物語の長編映画を見たい。


・↑人工知能しか残されていないからな。
物語を作るのは難しいな。


・制作中だよ。
今夏に十分な資金を得た。


・生命は必ず道を見つける。

http://goo.gl/3mxdaphttp://goo.gl/Y8apf0http://goo.gl/wVkHfc

follow us in feedly