gg
 東芝は、2014年10月6日に発表したコミュニケーションアンドロイドを、「CEATEC JAPAN 2014」(2014年10月7日~11日、幕張メッセ)で実演した。女性型の人間酷似型ロボット(アンドロイド)で、名称は「地平(ちひら)アイこ」で ある。おじぎや簡単なあいさつに加えて、手話などの動作を行える。(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。




同ロボットは、エーラボ、大阪大学、芝浦工業大学、湘南工科大学と共同開発したもの。人間らしい容姿の部分は、アンドロイドの研究で著名な大阪大学 大学院基礎工学研究科 教授の石黒浩氏らとの協業による。実在の人間をモデルにして型を取り、作成した。

  開発のきっかけは、東芝の社内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)だった。SNS上でロボットについてアイデアを募集したところ、手話ロ ボットの提案が出て、実現に至ったという。同社で新規事業を担当する新規事業開発部が主導し、約1年間かけて開発した。名称は社内SNSの名称に由来して 「アイこ」と名付けようとしたが、より特徴的な名前とするため名字を付けた。

 現在は、手話によって数十パターンの文章を発話できる。ただし、手の自由度は片手で3自由度(親指、人さし指、その他の3指)のため、表現できる手話には現状では限りがあるという。

  例えば、「電話」という手話は、親指と小指を広げて電話の受話器のような形を作るため、今回のロボットでは表現できない。「手話のできる人が見ると、語彙 などの面でまだまだと感じるようだ」(同社の説明員)という。このため、説明パネルでは「手話は勉強中」との解説が付けられていた。(日本経済新聞)


ggg

ff


・かなり不気味だ。


・↑ああ、同意だ。


・↑ロボットは、人間らしくなればなるほど、不気味になっていくよな。


・これはロボットなの?


・彼女は独身か?


・感心した。
でもロボットの製造メーカーは、人間のまばたきを物にすることが出来ないようだね。
もしかしたら、これが人間とロボットを見分ける方法になるかもしれない。


・どうしてこんな酷い服装をさせるの?
まったくもう。


・俺だけかな?
ロボットには人間みたいな見た目をしてほしくない。
ロボットはロボットらしい見た目にしてほしい。


・こんなに真に迫ったロボットを作る必要があるのか?
漫画みたいなロボットだって、手話は出来るだろ。
それに恐怖でみんな逃げたりしない。


・中東の治安が良くなった後は、ターミネーターに我々は攻撃されることになるのか?






・まもなくファストフード業界の従業員に取って代わるだろう。


・ハロウィンに発売されるのか。


・我々人類にとっては、素晴らしいというよりも、恐ろしいことだよな。


・これは素晴らしくて創造的なテクノロジーだ。
同時に凄く不気味だよ。


・不気味の谷を訪れていたら、地平アイこは、こんな風になっていなかったよ。
不気味の谷現象(ぶきみのたにげんしょう、英: The Uncanny Valley)とはロボットや他の非人間的対象に対する人間の感情的反応に関するロボット工学上の概念である。

ロボット工学者の森政弘・東京工業大学名誉教授が1970年に 提唱した。森は、人間のロボットに対する感情的反応について、ロボットがその外観や動作において、より人間らしく作られるようになるにつれ、より好感的、 共感的になっていくが、ある時点で突然強い嫌悪感に変わると予想した。人間の外観や動作と見分けがつかなくなると再びより強い好感に転じ、人間と同じよう な親近感を覚えるようになると考えた。

このような、外見と動作が「人間にきわめて近い」ロボットと「人間と全く同じ」ロボットによって引き起こされると予想される嫌悪感の差を「不気味の谷」と呼ぶ。人間とロボットが生産的に共同作業を行うためには、人間がロボットに対して親近感を持ちうることが不可欠だが、「人間に近い」ロボットは、人 間にとってひどく「奇妙」に感じられ、親近感を持てないことから名付けられた。(ウィキペディア)


・怖いよ。
ホラーのキャラクターなの?


・すごく本物みたいに見えるね。


・アンドロイド?
スーパーサイヤ人に破壊してもらえよ。





http://goo.gl/rPquDXhttp://goo.gl/XiGqbphttp://goo.gl/BR2WME

follow us in feedly