we
創業約140年、四代に渡ってニギリ鋏を製造している水池握鋏製作所。
現在、手打鍛造で握鋏をつくる
ことができる鍛冶屋さんは水池さんしかいません。
現在70代の水池さんの後継者は、まだ見つかっていません。

海外の反応をまとめました。







・一つ欲しいな。
美しいし、こういう熟練者が手作りで作ったと知っていることに凄く価値を見いだせると思う。
たぶんかなり高価なんだろうな。


・もし自分のキャリアで成功し始めていなかったら、本当に後継者に志願することを考えたよ。
凄く美しいし、誰かが伝統を守り続けてくれることを望むよ。


・彼が鉄を打ちつけるたびに・・・完璧だ。完璧だよ。


・贈り物として、後継者に志願したい。


・70歳にはとても見えない。
運動だな。


・↑本当だよな。
特に彼の仕事には奮闘を要することを考慮するとね。






・彼はすべての手法を映像と文書に残すべきだ。
1人の人間が学ぶよりも、そちらの方が技術を良く保存できる。


・↑でも経験は記録出来ないだろ。


・ハサミを作って、儲かる人生ね。
勘違いしないでくれ、技術は技術だ。


・どうやったら応募できるの?


・徒弟を見つけるには、少し遅すぎないか?
だから彼しか残っていないのかもしれない。
仕事に時間を奪われ過ぎて、周りで何が起きているのか気付かなかったのかもしれないな。


・素晴らしい。
どうやったら応募できるの?


・↑8年間給料無しで週80時間働ける、20代前半の日本人男性である必要がある。
それから一生、安い金で反復的な肉体作業をしないといけない。





・基本的な冶金と鍛冶を知っている人なら、誰でもこのハサミは作れるだろ。
需要があるとは思えない。


・↑三越で目から涙が出そうな値段で売られているよ。
ダイソーでハサミは100円で買えるけど。



・もし需要があるのなら、彼しか残っていないことにはなっていないだろう。
彼の顧客にとって事足りるハサミの一式は、豊富にあると思う。


・↑彼の製品に対する需要はたくさんある。
ただ誰も彼から学んで、引き継ぐこうとする者がいないんだ。


http://goo.gl/d2oABihttp://goo.gl/ToUvBvhttp://goo.gl/AiEQNj
日本人の祖父が使っていた和剃刀(海外の反応)

follow us in feedly