ererara
海外の反応をまとめました。
  「米国は使用済み核燃料を再処理していない。理由は簡単だ。貯蔵施設が十分にあるた め、費用がかかる再処理をする必要がないからだ」。先月22日、米ワシントンDCで会ったデイル・クライン元米原子力規制委員会(NRC)委員長の言葉 だ。使用済み核燃料とは、原子炉燃料として使われた後、寿命を終えたウラン廃棄物(使用済み核燃料棒)だ。多くの放射能と熱を発散する高レベル放射能廃棄 物であるため、貯蔵施設に隔離保管する。 (中央日報)



 貯蔵空間が十分にあるという点は、ワシントンDCから2時間の距離にあるノースアンナ原発(バージニア州ルイーザ郡)で実際に確認す ることができた。原子炉から500メートル離れている使用済み核燃料貯蔵所には円筒形(高さ5メートル)の白い容器50基ほど並んでいた。原子炉の稼働に 使われた使用済み核燃料棒を保管したキャニスター(金属密閉容器)だった。厚さ24センチの合金鋼鉄が放射能を遮断する。使用済み核燃料棒を冷ますために わずかな熱が鋼鉄表面を通じて外に少しずつ出るだけだ。案内職員は「貯蔵空間が不足すれば州政府の許可を受けて敷地を拡大すればよい。地域住民も安全であ ることを知っているので反対しない」と説明した。

  使用済み核燃料の処理が目の前の問題となっている韓国としては、こうした米国の状況をうらやましく感じるしかない。韓国は2年後の 2016年、古里原発をはじめ、月城(2018年)、霊光(2019年)、蔚珍(2021年)、新月城(2022年)の順に貯蔵施設が満杯となる。5基の 原発を合わせれば貯蔵空間の71%が埋まっている。間隔を狭めて他の原発に移す苦肉の策を使っても2024年には完全飽和状態となる。(中央日報)


溶融塩原子炉が解決策だ。
これらの原子炉は、核燃料を消費する。
従来に原子炉に匹敵するほど効率的にエネルギーを生み出すし、核廃棄物を少ししか出さない。

溶融塩原子炉(ようゆうえんげんしろ、英: molten salt reactor, MSR)は、溶融塩を一次冷却材として使用する原子炉である。

多数の設計が行われたがそのうち少数が建設された。第4世代原子炉としてのひとつの概念である。

フッ化ウラン(IV) (UF4) など溶融状態のフッ化物塩を一次冷却剤としてそこへ核分裂物質を混合させ、黒鉛を減速材とした炉心に低圧で送り臨界に到達させる。高温の溶融塩は炉心の外へ循環させ二次冷却材と熱を交換させる。燃料の設計はさまざまである。液体燃料原子炉特有の複雑な問題の発生を回避するため、溶融塩内に核分裂生成物を含まない構造の新型高温原子炉 (AHTR) も設計されている。(ウィキペディア)


・適正な価格で、必死な第三世界の国が、韓国に核貯蔵施設を作らせると思うぞ。
貧者はいつも搾取される。


・全然計画性が無いんだね。
早く
トリウム原子炉を建設しなよ。
核廃棄物を燃料として使えるから。


・火力発電には大気汚染の問題がある。
でも原子力発電にも放射性物質を漏らしてしまう問題があるかもしれない。
どちらにせよ問題だね。


・エジプトのピラミッドの状態を見てみろ。
まだ完成してから、たったの4500年だ。
これらの核廃棄部を漏らすことなく、6~7倍の期間、貯蔵する必要がある。


・これは原子力の致命的な欠陥だよな。
核廃棄物は、高放射性物質だし、何百万年も放射線を出し続ける。






・彼らは邪悪なことをすると思う。南シナ海に捨てたりとか。


・北朝鮮が使用済み燃料棒をミサイルに込めて海に打ちこんでいる可能性がある。


・本当にどうやって捨てるのか考える必要がある。
そうしないと、いつか我々は大きな代償を支払うことになるだろう。


・原子力発電は、どの国でも使われるべきじゃない。


・フランスは核廃棄物の問題を抱えていない。
使用済み燃料を再処理して、原子炉で再利用する。


・北朝鮮送れば?


・問題ではない。
アメリカの政治家が核廃棄物をアメリカに持ってこさせるさ。
政治が金持ちになる一方で、アメリカ国民はガンになる。


・テロリストに、使用済み核燃料を余分に持っていると教えるのは良いことだよ。






・燃料棒を再処理して核燃料に変えて再利用しろ。


・ロケットに積んで、太陽に向かって撃て。
問題解決だろ。


・福島にも使用済み燃料棒がある。


・↑あまりにたくさんある。
全てを見つけることさえ出来ない。


・原子力の愚かさを一体いつになったら学ぶんだ?


・次の災害が順番待ちしている。

http://goo.gl/ZgSfpVhttp://goo.gl/KE7vNP

follow us in feedly