errre
Raising the steaks! Phenomenally rare Kobe makes a return to London at new restaurant ... but at £150 for 180g, can YOU afford it?

ロンドンに新たにオープンするステーキレストランで、世界6か国の牛肉のステーキを食べられます。
最も高価なのが、神戸牛のステーキです。
180gの神戸牛を150イギリスポンドで食べられます。

海外の反応をまとめました。




・美味しいんだろうけど、普通の肉よりも脂肪が多いと、正直酷く見えるね。
金は自分のポケットにしまっておいて、普通の肉をもっと食べるか、少しだけ食べたい。


・買うだけの金銭的な余裕はあるか?Yesだ。
買いに行きたいか?Noだ。


・脂肪ではなく肉を含んだ肉が食べたい。


・↑不味いよ。
脂肪が美味しさの鍵なんだよ。


・うーん、残念ながらそんな余裕はない。


・あの肉にあんな価値があるはずがない。


・180gで150イギリスポンド(約2万5千円)。
レストランは、まさにこうやって値上げをする。



・どこ産の肉だとか、牛の種類なんて関係ない。
全部同じ味だ。


・↑全部同じ味ではない。
買うことが出来ない人たちが、言いそうなことだ。
自分たちが、何も見逃していないような気分になるためにね。






・金銭的な余裕はあるけれど、分別があるから買わない。


・きちんと脂肪を含んだランプステーキをミディアムレアで食べるのが好き。
20イギリスポンド(約3400円)以下で食べられる。


・愚かにも顧客の提案で、日本に出張に行った時に食べた。
歯ごたえも味も無かったよ。
まるでラードを食べているかのようだった。
一口食べる毎に、ほとんど噛まなくても口の中で分解して,
脂肪が喉に流れるの感じた。
幸いなことに顧客は、私が苦しんでいる様子に気づいてくれた。ウェイターに肉を下げさせて、私に別の物を注文させてくれたよ。


・脂肪を食べない人向きではない。
彼らがステーキから脂肪をを取り除くの何日もかかるだろう。


・私好みの場所だ。
特別な機会に贅沢な気分を味わえる。
選び抜かれたメニューばかりだ。
待ちきれないよ。





http://goo.gl/quhJZs

follow us in feedly