ererrerer

海外の反応をまとめました。




・ロシアにはたくさん警官がいるが、そのほとんどが何もしていないと言えるだろう。


・↑俺は一度ローマに行ったことがある。
素晴らしい制服に身を包んだ警官と憲兵がたくさんいたが、もったいぶって踏ん反り歩く以上のことはしていなかったよ。


・↑一般的にイタリア人は、もったいぶってふんぞり歩く以上のことはしない。


・ソマリアにデータがあるのか?!


・↑ともかく、これは祝わないとね。


・ベストコリアに警察官はいない。
なぜならとても平和だから、犯罪が起きない。


・中国にもっと警官がいないことに驚いた。
それと、ロシア帝国の時代でさえ、ロシアには過剰な数の警官がいたのか知りたいな。


・↑中国の人口を考えると、より高い率で警官を持つことは、非常にコストがかかるという話だと思う。
それと深刻な事態に対しては、彼らは巨大な軍隊を持っている。
暴動鎮圧のための準憲兵隊も含んでね。






・アメリカの郡ごとの警官の数を表した地図があったら興味深い。


・どうしてイランには、ほとんど警官がいないの?


・アルゼンチンに驚かされた。


・↑ああ、明らかに治安の悪さが、警官の数と関係ない国々があるようだ。


・↑アルゼンチンのデータは、2000年のものだ。


・データはウィキペディアから2000年(アルゼンチン)から2014年(フィリピン)のスパンで集められた。
もしすべて同じ年から集められたデータだったら、どんな違いがあるのか興味深い。


・多くの国々では、軍隊がすべてではないが、ほとんどの警察の仕事をしていることを留意しないといけない。
利用できるデータから、確実な結論を導き出すのは難しい。
それと、俺は自警団が警察官よりも地域に従事している国々に住んだことがある。
だから必ずしも警官の数が、行われている警備を反映しているわけではない。





・人々はアメリカのことを警察国家と呼ぶのにね(笑)。


・ヨーロッパの北と南でちょっとした傾向があるようだね。


・実際の治安と正の相関がないことが興味深い。
タイの警官の数は、もっと低いと思った。
警官の存在感が薄そうだからね。


http://goo.gl/a0e0Zjhttp://goo.gl/5Kiu3q

follow us in feedly