eeeeeee
航空自衛隊の戦闘機が日本領空に接近した軍用機などに対し、緊急発進(スクランブル)した回数は平成26年度上半期(4~9月)で計533回にのぼ り、半期ベースでは記録が残る15年度以降、最多となったことが15日、防衛省統合幕僚監部のまとめで分かった。ロシア機への発進が激増し、全体を押し上 げた。

 ロシア機への発進は4~6月に235回と、前年同期(31回)の約8倍。ただ7~9月は89回で、前年同期(105回)よりは減った。対象は情報収集機が多く、日本列島を一周する飛行も頻繁に確認された。

 一方、中国機への発進も上半期で207回と前年同期(149回)を大きく上回った。対象は戦闘機が多く、尖閣諸島北方の東シナ海への飛来が目立った。

 一方、上半期で日本の領空に直接入る領空侵犯は確認されなかった。(産経新聞)

海外の反応をまとめました。





・我々スカンジナビアの国々やロシアと国境が接する他の国々も同じ状況だ。
プーチンは一体何を考えているのだ?
落ち着けよ、挑発するために国際法を破る必要はないだろ。
意味が無いよ。
でもまあ、ロシアはロシアか。


・プーチンは領土拡大を拡大できるか試し続けている。


・ロシアは中国みたいだな。
自分たちの物にする場所を探し続けている。


・ロシアと中国の貿易協定には、日本をかき乱すことが含まれているようだね。
日本の決断力を試して、防衛での弱点を探している。
もしくは日本人がぬるま湯に浸かっているのを望んでいるのだろう。


・ロシア語の平和を訳すと、領土の略奪という意味になる。


・一機撃ち落せよ。
ロシアは対抗策を試したがっている。


・俺たちもロシアに対して同じことをする時が来たと思う。


・そのロシア機を空から撃ち落せよ。






・一方のアメリカは、軍事力を減らし続けている。
愚かなのか背信行為なのか分からないな。


・アメリカはトラブルを起こし始めるのが好きなのに、ロシアのことは止めようとしない。
誰かが騒動で金儲けをしていると思う。


・ロシアと中国は、世界を支配するために、手を組み始めているようだね。
両国とも軍備を増強しているし、周辺国を脅している。
他国の領土や資源を自分たちの物にしている。


・日本が自分たちの身を自分たちで守れるように、日本に大量の武器を売る時が来た。
もはや我々だけでは日本を守ることは出来ない。


・北海道を自分たちの物にしたいんだろう。
みんな、行けるうちに行っておいた方が良いぞ。


・狂った奴らは、馬鹿げたことをしがちだ。
他に何て言えば良い?


・ロシア、中国、北朝鮮は核を持っている。
日本が韓国と和解する時が来たと思う。
いずれお互いのことが必要になると思う。


・急にみんなが軍事顧問になった。面白い。


・↑俺は以前リスクを持っていた。
自分が話すことは理解している。

リスク(Risk)とは、戦略ボードゲームである。パーカー・ブラザーズによって発売された(現在はハズブロの傘下にある)。フランスの映画監督、アルベール・ラモリス(Albert Lamorisse)が考案したもので、最初の版は1957年に、「世界征服」(La Conquete du Monde)という名前で、フランスで発売された。

リスクは、2人から6人のプレイヤーで遊ぶターン制の ゲームで、ナポレオン時代の政治区分を模して表現された世界地図上でプレイする。この地図は42の領土に分かれており、それぞれは6つの大陸に所属してい る。プレイヤーは軍隊を指揮し、他のプレイヤーから領地を奪うようにする。目的は全ての領土を奪い取る、つまり"世界征服"であり、他のプレイヤーのコマ を盤上からなくすことである。リスクでは軍隊の移動の際、現実にありそうな制限、例えば世界の大きさや、戦役に伴う補給の必要性などは無視する。(ウィキペディア)





・ロシアが自分たちは、第二のアメリカだと思うのを止める時が来るのだろうか?


・イスラエルに習え。
奴らの戦闘機を撃ち落すんだ。
シリア機を撃ち落したようにね。
数回ならミスで通用するが、533回?


・ロシアは北へ。
中国は南へ。
http://goo.gl/XugNmIhttp://goo.gl/ixl2Bdhttp://goo.gl/iolb74

follow us in feedly