we
Facebookは10月16日、東京都・六本木にて、新サービスとなる「災害時情報センター」を発表した。全世界共通で提供する機能の発表を、本社所在地の米国以外で行うのは今回が初めてとなる。発表イベントには、Facebookの創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が登壇。今回、東京で発表会を開催した理由について「2011年3月に発生した東日本大震災とその津波が『災害時情報センター』の開発に学びを与えたからだ」と語る。(マイナビニュース)
海外の反応をまとめました。




「当時、日本オフィスにいたエンジニアたちは、多くの人々が安否確認のためにFacebookを利用する場面を目の当たりにした。これにより、私た ちは、災害発生時にテクノロジーがどのように使われるのかを学んだと思う。これからも自然災害は発生するだろう。その時に、みなさんの役に立てるような サービスを提供できることは、とても嬉しい」と述べた。

同サービスは、Facebook上のサービスの一つで、自然災害発生時における自らの安否伝達や、友人の安否確認を可能とする機能。災害発生時にのみ提供される。

Facebookは、ユーザーが事前にプロフィールとして登録した都市や、リアルタイムでインターネットを利用している都市から、自然災害が発生した際のユーザーの現在地を推測する。これにより、被災地にいると判断されたユーザーには、安否確認を促す通知が届く。

無事である場合、「自分の無事を報告」というボタンをタップすることで、Facebook上の友人に向けた最新情報の通知とフィード記事の作成・表 示が行われる。被災地にいないことを報告する際は、「影響を受けた地域にはいません」というボタンを選択することで、友人に情報が提供される仕組みだ。

また、インターネットが通じない場所にいるなど、サービスを利用できないことも想定して「代理で友人の無事を報告する」機能も設けたほか、友人からの安否通知をクリックし災害時情報センターにアクセスした後、友人らの最新情報を一覧で確認できる機能も提供する。

同サービスにより確認可能な情報やコメントは、Facebook上の友人のみに共有可能となる。国や地域を問わず、AndroidやiOSアプリ、スマートフォンやフィーチャーフォンのモバイルサイト、デスクトップから利用できる。(マイナビニュース)



・Facebookが世界を支配し始めているな。


・じゃあ無事だけど、電池切れの人たちは、自分が無事かアップデート出来なくて、過度の心配を産み出すんだね。


・記事「Facebookの安否確認サービスが、災害時に自分が無事か友人に教えてくれる。
↑停電やネット回線の遮断がない災害ならね。


・災害エリアにいたら、タイプ出来ないのでは?


・素晴らしいアイデアだ。
災害時に人々の手助けになるだろう。


・「14人が応答。1557人がいまだに応答なし」


・自分が安全ではないと知らせる選択肢が無くて面白いと思った。


・素晴らしいけど、必要になることが無いと良いな。






・素晴らしい機能だ。
3Gがダウンして、電話できない時に手助けになるだろう。


・この機能が成長したら、学校での銃撃や爆破予告でも使えるか?


・自分が無事では無かったら?
助けが必要だったら?


・素晴らしい。
最近カシミア地方で起きた洪水では、私の家族は主にFacebookで連絡を取り合った。


・テクノロジーって素晴らしいね。
遠方にいる友人に接触できて、お互いの声が聞けて、無事を伝えられるテクノロジーがあるだけだとしてもね。


・↑あいにく災害地では、みんなが一斉に使おうとするからネットワークがダウンする。
それと災害時には電話するよりもメールを送った方が良い。
システム上の保存されて、ネットワークの渋滞が解消したら、送られるから。



・災害時でなくてもこの機能が使えたら素晴らしいな。


・開発チームにおめでとうと言いたい。





http://goo.gl/vapFxAhttp://goo.gl/kMGJXvhttp://goo.gl/iPC5rxhttp://goo.gl/h0Dkg7http://goo.gl/9JwSwChttp://goo.gl/58vUdu

follow us in feedly