wewe
英ダイソンは20日、同社として初めて加湿器を11月6日に発売すると発表した。外観は同社の「羽根のない扇風機」と似ており、清潔に空気中の湿度を保てるのが特徴という。扇風機としても使える。世界に先駆けて国内の量販店や同社の直販サイトで販売する。 「ダイソンハイジェニックミスト加湿器AM10」は、加湿する水分を超音波で細かく分解して噴出する。紫外線をタンク内の水に照射する機能を盛り込んでおり、同社の調べではタンク内で繁殖する細菌を99.9%除去できるという。税別店頭想定価格は5万8800円だ。 英調査会社ユーロモニターによると、加湿器の国内市場は78万2500台程度と世界3位の規模を持つ。ダイソンは今冬のシーズン中に国内市場のシェアで20%(金額ベース)の獲得を目指す。< 創業者のジェームズ・ダイソン氏は「日本は新しい技術を正しく評価してくれる」と話すなど日本市場への期待は高く、ブランド力を生かし商品展開を先行して拡充している。来年以降は世界での発売も検討する。(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。






・ダイソンの商品を買うだけの余裕が無い人たちのコメントまで、3!2!1!


・ メイドインUKじゃないんだろ。
俺たちの仕事が増えるわけじゃない。


・ダイソンが中国以外で作る物ってあるのか?


・買いたくなければ買わなければ良い。
ダイソンは研究開発をイギリスで行い、中国ではなくマレーシアとインドネシアで製造している。


・ダイソンは市場のリサーチをきちんと行った方が良いな。
俺はUVでバクテリアを殺すハネウェル社製の加湿器を持っているぞ。
価格は40ドルだった。(笑)


・俺は結露を取り除くために、冬はずっと除湿機を使っている。


・ダイソン製品が高く見られているのは知っているが、彼らの製品はとても良いし、他のメーカーの製品ほど頻繁に壊れない。
アメリカでも買えるようになったら、買うよ。
年に加湿器とフィルターに200ドル以上払っているから。


・一度ダイソンの製品を買ったことがあるが、気に入らなかったな。


・↑俺はすごく気に入ったよ。






・加湿器はカビも生む。
私は間欠性アスペルギルス症を患っいるんだけど、どうしてこの問題が、今まで取り組まれていなかったのだろう?
アスペルギルス症(aspergillosis)は、カビの一種であるアスペルギルス(Aspergillus )によって起こされる病気です。 免疫に問題がある人がアスペルギルス(Aspergillus )の分生子(conidia)を多量に吸い込んだような場合、アスペルギルス(Aspergillus )が感染を起こすことがあります。 健康な人に対しては感染を起こさず、日和見(ひよりみ)感染の一つと考えられます。(横浜衛生研究所)

・高すぎるガラクタの掃除機だけ作っていろよ。


・霧吹きに水を加えて、数時間おきに噴射しろよ。
タダだぞ。


・もしくは保湿クリームを使えば?


・暖房機の下に水をはったボウルを置いておけばいいだろ。


・↑同じではない。
ダイソンのガジェットは、UVでバクテリアを殺す。


・ダイソンが製造する扇風機やヒーターよりも品質が良いことを望むよ。


・それだけの値段なら、イギリスに生産拠点を戻すことが出来るだろ。





・イギリス製の製品が全く無いことが残念だ。


・イギリス人が作った製品が、イギリスで発売される数か月前に日本の商品だなに並ぶ・・・。


・俺も加湿器を持っているが、素晴らしいぞ。
ドライアイにならない。


・脳よりも金がある連中の為の製品だ。


・彼らの奇妙な機械は、きちんと仕事をするのか?
ただ音がうるさいだけのような気がする。

http://goo.gl/svmw3phttp://goo.gl/IpiQfnhttp://goo.gl/UMEJlahttp://goo.gl/emEVGehttp://goo.gl/SrPFgK
ダイソンが掃除ロボット市場に参入!日本で「ダイソン 360 Eye」を発表(海外の反応)

follow us in feedly