dd
富士フイルムは20日、エボラ出血熱に感染した患者に緊急的に使われているインフルエンザ治療薬「アビガン(一般名:ファビピラビル)」を追加生産する、と発表した。感染がさらに広がった場合に備えて、約30万人分を錠剤にするという。アビガンは富士フイルム傘下の富山化学工業が開発した。日本では3月にインフルエンザの薬として承認され、ほかの治療薬では効果が十分でない場合などに政府の要請で生産することになっている。エボラ熱では未承認の薬だが、今回の感染の広がりを受けて世界保健機関(WHO)がエボラ熱にも効く可能性があるとして患者への投与を容認した。9月以降にフランスドイツなど欧州4カ国で患者に投与され、このうちフランス人の女性1人が退院した。生産は11月半ばから富山市内の工場で始める。アフリカ西部のギニアで、同じ11月半ばにエボラ熱患者に対するアビガンの臨床試験が始まる予定で、富士フイルムは錠剤を現地の患者に無償で提供する方針だ。(朝日新聞)
海外の反応をまとめました。




・富士フイルムが薬を作るの?


・富士フイルムがエボラの治療薬?
もう我々はフイルムを使わないのは知っている。
おそらく他の産業に事業を拡大しなければならなかったのかもしれないが、製薬業界に参入したのか?


・富士フイルム?
どうしてカメラとフイルムを製造する会社が、エボラウイルスとの戦いに関係しているんだ?


・↑富士フイルム傘下の富山化学工業だよ。


・ベストな薬なの?
投資するべき?しないべき?
語り合ってくれ。


・アメリカの製薬会社はずるい。
効果が薄くなるように改造して、特許取り、ぼろ儲けする。
日本企業は適性価格で売る。






・もし成功が証明されれば、ノーベル生理学・医学賞を、再び日本人に与えるべきだ。
今年のノーベル物理学賞に続いてね。


・アビガンはフランスとスペインのエボラ患者の治療に使われて成功した。
それなら、どうしてアフリカで使われないの?
多くの人たちが亡くなっているのに。


・↑アフリカでの治療にも使われることになる。
これは新しい薬なんだ。


・大きな製薬会社が助けにきてくれた。


・↑もし人の命を救えるのなら、大賛成だ。
もし誰かが人の命を救うことで金儲けをしていても問題に感じない。


・ああ、ありがたい!
良い仕事を続けてくれ。





http://goo.gl/QxKBGEhttp://goo.gl/sBolw6

(日本の薬で回復と報道)エボラに感染したスペインの看護婦が快方へ(海外の反応)

日本が世界を救う?日本政府がエボラ未承認薬の提供準備(海外の反応)

(仏)日本の製薬会社が開発したインフル薬でエボラ熱が治癒(海外の反応)

中国が世界を救う?中国軍関連企業が開発したエボラ治療薬をアフリカに供給(海外の反応)

follow us in feedly