ereee
英国の科学者が「人は見た目ではない」とする俗説を否定し、その科学的根拠を発表した。23日付で人民網が伝えた。
海外メディアによると、この科学者は「顔の形」がその人の性格を如実に表していることを突き止めた。研究は18歳~30歳の女性49人と男性54人を対象に、両頬の間、上唇からまぶたまでの距離を計測し、激しい怒りや独占欲を駆り立てる問題を提示した。
その結果、男女とも頬の幅が広い人は攻撃的で独占欲が強く、怒りっぽいことが分かった。代表的な例として、サッカー選手のルーニー、俳優のシルベスタ・スタローン、米国の政治家、サラ・ペイリンが挙げられた。
研究チームによると、これは男性ホルモンの一種であるテストステロンが影響しており、怒りっぽい性格が頬骨を進化させるという。(XINHUA.JP)
海外の反応をまとめました。




・自分のことは、「攻撃的」ではなく「ハキハキしている」と言いたい。


・こんなのデタラメだろ。(笑)


・ルーニーは攻撃的じゃないだろ。
彼は時々、オモチャを投げつける優しいテディベアだ。


・テストロンは、本当に良くない・・・と、左派の人たちが申しています。


・テストロンが多いと、髪も少ないってことだよな?ルーニー?


・ルーニー?
母親しか愛せない顔だよな。


・ルーニーよりも、もっと知的な人間を例として挙げてくれないか?


・この研究結果には同意する。
面長の人間も同じくらい狂っているけどね。






・ただ太っているだけでは?


・私は顔が大きいけれど、良い気分だわ。
正直、顔にパンチなんてされたくないもの。


・↑同意だ。
俺も短気だ。
でもコントロールできる。


・科学者たちって給料を貰う為に、デタラメな研究を発表し続けるよな。


・差別だ。



・なんて不気味な研究だ。
研究と呼びたくない。

http://goo.gl/X0unjL

follow us in feedly