rre
富士フイルムは27日、バイオ医薬品受託製造会社で、ワクチン製造に強みを持つ、米国のケイロン・バイオセラピューティクス社(テキサス州)を買収すると発表した。買収額は非公表だが、数十億円規模とみられる。 富士フイルムは、ケイロンがエボラウイルスや炭疽(たんそ)菌などの感染症向けワクチンを安全、安定的に製造できる点を評価し、買収により世界的な事業拡大が見込めると判断した。(産経新聞)
海外の反応をまとめました。


米子会社の富士フイルムダイオシンスバイオテクノロジーズを通じて買収する。今後、数カ月内にケイロンの全持分の49%を取得するとともに、ケイロンの取締役の過半数を富士フイルムグループから任命する。さらに、今後、持ち分比率を100%まで引き上げていく予定。

 バイオ医薬品の受託製造の世界市場は、足元で約2千億~3千億円規模とされ、今後年率7%の上昇が見込まれる有望市場。富士フイルムとしては、今回の買収を含む事業強化により、2018年度には、同市場で10%のシェアを確保したい考え。

  富士フイルムホールディングスの医療機器を含めたヘルスケア事業の13年度の売上高は3800億円。これまでも、グループの富山化学工業がエボラ出血熱の 治療にも使われている抗インフルエンザ薬を手がけるなど医薬品事業を強化しており、買収により、さらに事業領域を拡大する。(産経新聞)



・フイルムの会社が、ワクチン製造企業を買うの?


・彼らはボロ儲けするぞ。


・「売り出し中じゃないぞ!」って彼らに言うべきだったね。



・医療関連株を買う時だな。


・急に世界中の巨大製薬会社が、エボラでの金儲けに飛びつきだしているな。
きちんと検査していないデタラメな薬で。
風邪を引き起こす一般的なウイルスでさえ殺せないのに。フフフ。
でも副作用はきちんと残すんだよな。


・ワクチンを売る為に、オバマはエボラの保菌者を北米に入れようと思ったのか?


・どこに金が生まれるのか知っているな。


・フランスは1月の終わりまでに、ギニアにいる限られた人たちにアビガンを投与する臨床試験を行うべきだな。
もし顕著な副作用なしで、アビガンにエボラウイルスに対する抵抗性があると証明できれば、世界中で爆発的に広がるエボラ感染を止める為に、使われることになるだろう。


・↑もしエボラが一か月以内に収束すれば、1月の終わりまでに臨床試験を行う患者がいなくなる。






・待てよ、富士フイルムが薬を作っているのか?
面白いね。


・↑バイエルが株主たちに、肥料ビジネスに参入すると伝えた時と同じようなリアクションを富士フイルムの株主たちもしただろうね。


・カメラと薬を作るのか。
非常に難解だ。


・日本っていつもパーティーが、終わった後に市場に参入しないか?
アメリカ市場よりも、日本市場の地位が低いのも理解できる。
すぐにガラクタになるような価値の無い物を買っている。


・エボラのことなんて気にするなよ。
きちんと処置すれば、みんな回復するだろ。


・エボラ騒動に引き込まれる奴らが信じられない。
アメリカに恐怖を拡大させて、政府のことを頼らせようとする方法の一つにすぎないのに。


・富士フイルム?
会社の名前を変える時が来たのでは?


・金は稼がないとな。
西アフリカの人々は、無料で薬を貰えるが、アメリカ人は莫大な金を払わないといけない。





http://goo.gl/Yd9rxhhttp://goo.gl/XBD9tE
(約30万人分)富士フイルムがエボラ治療薬を増産へ(海外の反応)


(日本の薬で回復と報道)エボラに感染したスペインの看護婦が快方へ(海外の反応)

日本が世界を救う?日本政府がエボラ未承認薬の提供準備(海外の反応)

(仏)日本の製薬会社が開発したインフル薬でエボラ熱が治癒(海外の反応)

中国が世界を救う?中国軍関連企業が開発したエボラ治療薬をアフリカに供給(海外の反応)

follow us in feedly