arrrr
Engrish (イングリッシュ)とは、最も狭義には、日本人が日本語の文章を英語に翻訳をする時、あるいは英語で文章を書こうとした時にできる、奇妙な英文法揶揄する隠語。日本語に限らず他のアジア諸国の言語における奇妙な英語使用に対しても用いられる。
(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



Engrish とは、日本語を始めとしたいくつかの言語において L/R (流音)の区別が無いことにかけたシャレである。日本語に限定した場合、Engrish は英語圏の人にとっては、おおむねユーモラスな誤用だと受け止められている。Japlish または Janglish という造語も存在している。 また、Engrish は、例えば外国風な装飾として用いるなど、広告の中で用いられる、英単語の故意に誤った、または不注意な使い方を指すこともある。

一般的には、和製英語とは別のものと考えられている。和製英語とは、日本で広く用いられるが英語圏では見られない、英語をベースにした造語である。逆に外国人の奇妙な日本語の発音を揶揄する Nihonglish なる言葉も存在する。(ウィキペディア)



・英語が彼らの第一言語じゃないからだろ。
人々は間違いを犯す。次。


・グーグル翻訳を使えよ。


・アジア諸国がこの問題を抱えているよ。


・もしかしたら、パソコン上で自動翻訳機能を使う人もいるのかもな。
漢字から英語への翻訳結果は、凄く面白い。


・「今日はまだ工事中」って、すごい詩的真実だよな。


・↑そうだな。(笑)


・↑毎日が工事中だよ。


・明らかにRとLが日本語では同じに聞こえるからだろ。


・日本人が英語を話すみたいに、私も日本語が話せたら良いのに。


・↑英語を話せる日本人の少なさには驚かされる。


・↑いいや、話せる人の多さに感心するよ。
逆に英語話者で日本語を話せる人間が少ないことが悲しい。






・英語って学ぶのが凄く難しい言語だよね。


・日本人らしさを捨てていないことを証明するためだろ。


・俺の一番好きなEngrishには、日本に来て2日目に遭遇した。
名古屋城に行った時に、参道横の城壁に次のような看板が掲げられていた。
「Because you are dangerous, you must not enter.(あなたは危険だから、入場してはいけない。)」


・Bing翻訳が使えないからだろ。


・日本語を学習した時に、何が問題なのか理解したよ。


・もし俺がアメリカ英語からイギリス英語への翻訳ミスをリストに出来たらなぁ。
どこでも起きることさ。
英語から中国語への作業指示シートなんて傑作だよ。


・一言語を別言語に完璧に訳すなんて不可能だよ。


・ほとんどの日本人が、英語を話そうとしない理由は単純だよ。
間違えて恥ずかしい思いをしたくないからだ。





・日本人が英語で間違いを犯しても構わないけどね。
彼らの言っていることが、理解できさえすれば良い。


・明らかに文法のせいだろ。


・発音がカギだよ。
どの言語でもね。


・奇妙だよな。
日本での英語の教え方が問題なんじゃないか?

http://goo.gl/O088tvhttp://goo.gl/id9Rfshttp://goo.gl/nqUZnRhttp://goo.gl/DWhd56
香川真司の英語を聞いたマンUサポの反応(海外の反応)

愛されキャラの川崎ムネリンが英語でインタビューに答える様子を見た海外の反応

follow us in feedly