wed
結婚の予定はないけど、ウェディングドレスは着てみたい。でも、年齢的に真っ白なウェディングドレスを着るのはそろそろ限界かも……。アラサー~アラフォーの独身女性なら誰もが持つであろう悩み。
 そんな悩みを解決する、斬新すぎるウェディングサービスを提供する会社があるのをご存じだろうか。
 ドレスが着たいならひとりで結婚式を挙げちゃえばいいじゃない!
そんな、開き直りとも思えるコンセプトで、独身女性向けの「ソロウェディングサービス」を開始したのが、京都にある旅行代理店チェルカトラベルの 赤居夏美さんだ。予算は約30万円。打ち合わせからドレスのフィッティング、フラワーデザイナーとのブーケ作成、宿泊、ヘアメイク、撮影……と、すべての サービスは女性スタッフがコーディネート。ウェディングドレスを着てみたい女性にとっては願ってもないサービスだが、30万円という予算はちょっとお高い 気もするが……。(女子SPA)
海外の反応をまとめました。




「お仕着せのドレスを着て写真を撮影するだけ、というのではなくて、実際の結婚式を挙げるときと同様のクオリティで、有名ブランドのドレスを選べるように したかったんです。さらに、宿泊やヘアメイク、撮影までついてのサービスなので、決して高くはないと思いますよ」(赤居さん)
 サービスを利用した女性はアラフォー女性を中心に今まで10名ほど。利用者はみなサービスの内容に満足しているようだ。しかし、どんなプロフィールの女性がこういったサービスを利用するのだろうか。実際にサービスを利用したという38歳の女性に話を聞いてみた。
「実は、少し前に婚約破棄を経験したんです。でも、一歩前に進みたいという気持ちからソロウェディングを決意。最初はドレスを着るだけってどうなんだろ う……という不安もあったのですが、憧れのマリアベール&ドレスをご用意くださったり、ドレスに合う可愛いマカロンやクリスタルを散りばめたブーケを作っ たり、やってみたら無心で楽しむことができました。何より、自分を肯定的に捉え直すきっかけになったのが本当によかったと思います」
 また、発案者である赤居さん自身も36歳の独身女性。自らもこのサービスを利用したという。
「20代のころに結婚を約束した男性がいたこともあったんですが、そのころは仕事をはじめたばかりで結婚に意識が向かなくて。実現には至りませんでした」
 20代前半で旅行代理店に就職し、転職も経験しながら現在の旅行代理店に就職して2年。
「いまも仕事が充実しているし、結婚したい!という欲はそんなにありませんでした。サービスを利用したのは、単純にドレスを着たかったから。でも、ソロ ウェディングを経験してみて結婚に対する意識が少し変わりました。『もう一回ちゃんと本番で着たい!』って。結婚に対して前向きな気持ちが持てるように なったんです」
 一見究極の自己満足のようだが、実は、自分を見つめ直して一歩前に進むきっかけになっているようだ。「結婚しなきゃ」という焦りや、「そろそろドレスを着るにも限界」という悩みと決別するためのイニシエーションとして利用してみるのもアリかも!?
(女子SPA)http://goo.gl/RnUggkhttp://goo.gl/tNoNkwhttp://goo.gl/Le0uPchttp://goo.gl/OSnPSz


・うーん、これは悲しい。


・ようやく、この日が来たの。


・ちょっとふざけてやる人たちもいるかもしれないが、売れ残ることを心配する人もいるだろうね。


・なんか悲しいよね。


・↑凄く悲しいよ。


・素晴らしい!
私は結婚したくないけれど、パーティーは楽しそう!


・哀れだよ。
最近は、結婚することの意味を知っている人はいるのか?
パーティをしたり、白いドレスを着ることが結婚じゃないんだぞ。
結婚式の後に続く日々こそ結婚なんだよ。
もし花嫁の気分を味わいたいなら、ドレスを買いに行って数着試着しろよ。


・残念だ。
日本のことは大好きだが、これは悲しすぎる。


・凄く悲しい話だよな。
世界は寂しい男で溢れているのに。
デートに誘うちょっとした勇気が必要なだけなのに。


・なんということ!
どうして12年前に、この国でもこのサービスが利用できなかったんだろう?
後から考えると、こっちの方がずっと好ましい選択肢だったのに!






・憂鬱になるね。


・どう感じて良いのか分からない。
でも自分が幸せになるのなら、やってみなよと言いたいね。


・哀れな現実だな。


・おお...これは新しいね。


・奇人だよ。
気分が悪くなるし、絶望的で寂しい気分にすらなる。


・彼らは別に結婚のことを理解し損ねていない。
結婚なんて意味がない。


・馬鹿げているね。
独身男性なんていくらでもいるのに。
まともな彼女さえいない人たちだっているのに。


・どうしてこんなことをするの?





・女性は20代を楽しんでおけ。
20代を過ぎたら崖っぷちだから。


・まもなくこの国にもやって来るだろう。
離婚は信じられないくらい簡単だし、ガミガミ小言を言われることもないしな。


・俺の妻も、このサービスを利用すれば良かったのに。



follow us in feedly