erre
Ebola expert says China at risk, seeks Japan aid
エボラウイルスの共同発見者の一人、ピーター・ピオット博士が、中国とアフリカを行き来する労働者の多さから、
中国でのエボラ出血熱の感染拡大に懸念を示しました。
中国の病院の感染コントロールは不十分だと指摘しました。
中国はエボラ対策に8600万ドルの支援を行い、200人近い医療関係者を西アフリカに送っています。
日本はエボラ対策に4000万ドルの支援を行っています。
ピオット博士は、日本にはもっとエボラとの戦いにより積極的に関与してもらいたいと話しています。


海外の反応をまとめました。





・でもアメリカ政府は感染が拡大するはずがないと言っていた。
何で心配するの?


・もう既に中国に入っているだろ。
中国は手遅れになるまで認めないよ。


・中国は感染者をただ処刑するだけだろ。
そうやって問題を解決する。


・中国には、あまりに人が多すぎる。
そろそろ自然淘汰が起きる。


・世界的流行は、こうやって始まっていくんだよ。


・中国の人口密度を考えると、山火事のように感染が拡大するだろうね。


・博士「人々が旅行するのを止めることは出来ないと思う。
↑出来るだろ。
国全体を隔離しろ。
支援物資は投下して、収束するまで待てよ。


・中国人は、アフリカをほぼ乗っ取った。
だから奴らに金を使わせろよ。






日本は4000万ドル寄付している。
彼らにもっと支援するように呼びかけているが、博士の母国であるイギリスがいくら寄付したかについては言及しない。
もし支援額が4000万ドル以下だったら、自分の国にもっと支援するように言った方が良い。



・↑博士はベルギー人だ。


・つまりCIAのエージェントは、もう既に中国国内にエボラウイルスを持ち込むことに成功したということか?


・中国に広がったら、もはや伝染病の発生だよ。


・↑もしくはインドかメキシコだな。


・日本はエボラのことを良く知っている。
日本で拡大する可能性は、とても低いだろう。



・中国政府が、感染者や感染の疑いのある者たちの存在を静かに消しても驚かないよ。




follow us in feedly