s
 中国や韓国で最近行われた米国の大学進学適性試験(SAT)で大規模な不正があったとの疑惑が上がっている。

受験者の入学手続き期限が迫るなか、試験の実施団体ETSは調査のために成績通知を延期している。

ETSの広報は声明で、「具体的かつ信頼できる情報に基づき、韓国や中国に在住し、10月11日のSAT国際試験を受けたすべての学生の得点を保留にして審査を行っている」と述べた。

ETSはまた、「試験内容を自分の利益のために違法に入手しようとする組織」を強く非難した。(CNN)

海外の反応をまとめました。




近年、中国では米国の大学への進学を希望する学生が急増している。だが北京の教育関係者チアン・セッキン氏によれば、過酷な受験競争の結果、試験での不正行為が後を絶たないという。

「中国人は教育を、勝つか負けるかのゲームのように考えている。カンニングは公平なゲームの戦い方だと思われている。恥ずかしいという意識は全くないし、何年も行われてきた」と同氏は言う。

米国への留学熱が高い韓国でも状況は似ている。昨年5月には、複数の予備校がSATの試験内容を違法に事前入手して生徒への指導に使ったとの疑いが浮上したことから、試験の実施が中止される事態になっている。(CNN)



・家庭教師を雇って、テストを受けろよ。
カンニングする必要なんて無い。


・カンニングはすべての教育現場で、見境なく起きていることだ。


・とても憂慮すべき事柄だ。


・10月にSATを受けた。
金持ちの子供たちが、満点を取りたいがために、俺たちまでペナルティを受けるなんて残念だよ。


・ズルをした奴が、いつでも勝つんだよ。
何を言っているんだ?
ズルをして勝てなかったら、誰もズルなんてしない。
単純な論理だ。


・この馬鹿げた入学試験をもう止めるべきかもな。
大金を払って家庭教師を得た者が、高得点をたたき出すなんて簡単だ。


・わお!
中国と韓国で再試験をさせるなんて驚いた。
両国ではカンニングだらけなのに。
GREは両国で受けられないようにするべきだよ。
GRE(ジーアールイー、Graduate Record Examination)は、アメリカ合衆国やカナダの大学院へ進学するのに必要な共通試験である。試験には、一般知識を問う General Test と、専門知識を問う Subject Test とがあるが、科学系専攻を志望するもの以外の出願には通常 General Test のスコアのみが必要である。(ウィキペディア)





・アメリカの大学に来てからも、彼らはカンニングを続ける。
アメリカの学生からしたら、本当に腹が立つ話だ。
外国人の学生と入学争いをするだけでなく、入学後もこのカンニングをする奴らと競わなければならない。


・こういう国で試験を行うのを止めろよ。
カンニングが行われていたら、公平性に欠けるだろ。


・韓国の教育制度全体が馬鹿げていて、意味が分からないよ。
学生たちにすべての情報を暗記させる。
そんなの学習じゃないだろ。
そんなの知能の発達ではない。
誰が一番記憶できるのか見ているだけじゃないか。


・入学試験でカンニングしようと思わない人間なんているのか?
自分の社会経済的な地位が決まるんだぞ?


・↑アメリカの大学に入学するためにSATを受ける中国と韓国の学生は、自国の大学の入学試験に合格することができないけど、親が金持ちの連中さ。


・↑アメリカの名門大学は、韓国や中国の大学よりも上と見なされないのか?


・入学試験でカンニングをしようだなんて、まともじゃないね。
滅茶苦茶だよ。





・教育分野で、どうして彼らが我々よりも上だとされてきたのか疑問に思ってしまう。


・途方もなく腹が立つよ。

http://goo.gl/poHbAuhttp://goo.gl/Xgv6Nfhttp://goo.gl/fSYQrlhttp://goo.gl/RgbKnp
デモ参加中に物理を教え合う香港の学生たち(海外の反応)

中国の薬剤師試験で2440人の受験生が集団カンニング(海外の反応)

follow us in feedly