errere
小笠原諸島と伊豆諸島の近海で、サンゴの密漁目的と見られる中国漁船が、合わせて過去最多となる200隻以上発見されました。
 30日に確認されたサンゴ密漁目的と見られる中国漁船の数は、過去最多の212隻となりました。この画像は、伊豆諸島にある須美寿島の近海を、第三管区 海上保安本部所属の飛行機から撮影したものです。無数にある黒い点の集団が、中国漁船とみられます。第三管区海上保安本部によりますと、小笠原諸島の近海 に48隻、伊豆諸島の近海で164隻が確認されたといいます。そのうち、領海内に侵入していたのは合わせて159隻だったといいます。(TBS)
海外の反応をまとめました。




小笠原の自然豊かな海は赤サンゴの生息地として有名です。「宝石サンゴ」とも言われる高級品の赤サンゴ。ここ9年で相場は10倍近くにはね上がり、中国国内ではサンゴの採取が禁止されていることもあって、今、密漁目的の船が大挙してやって来ています。

  30日には、また中国人船長の逮捕者が出ました。横浜海上保安部によりますと、午前9時半頃、小笠原諸島の近海の日本の排他的経済水域内でサンゴの漁に使 われる網を海に投げ入れた状態の中国漁船を発見。海上保安官が中国漁船へ乗り移り、船長で中国人の張財財容疑者を現行犯逮捕しました。小笠原近海での中国 漁船の船長逮捕は、今月5件目となりました。

 今週月曜日に海で遭遇した中国の船を追い返したという小笠原の地元漁師は、憤りを隠せません。

  「日本の領海でしょ。(中国船が)200隻来たって、日本の防衛はどうなっているのか。日本の防衛は『お留守』ってことじゃないか、あきれるよ。税金を吸 い込んで、政治家は何をやってるんだ。行政がやらなきゃ、地元の人間は体を張るしかない」(小笠原島漁協 石井勝彦副組合長)

 地元村議の一木重夫議員は、一向に減らない中国漁船の問題で、新たな懸念を訴えます。

 「ここまで増えると観光業の風評被害も懸念され心配。国も海上保安庁だけで対応しきれないなら、自衛隊と共同で海上警察業務をやれるようにしてほしい」(小笠原村議会 一木重夫議員)

 増え続ける中国からのサンゴ密漁船。警視庁は、小笠原諸島に15人前後の警察官を派遣することを決めたといいます。島内のパトロールなどに当たるため、31日の午前、現地に向けて出発するといいます。(31日00:23)TBS


・中国の漁民たちは、海のことをまるで閉店セールかのように扱っているな。
奴らは俺たちが知らない何かを知っているのだろうか?


・↑単なる金儲けだろ。
他人の損失よりも利益の方が、ずっと得なんだよ。


・見ろよ。
奴らは平然と行っているな。
中国国内なんだから、奴らに何を期待すれば良いんだ?


・奴らが東南アジアのことをどのように扱っているのかを示す良い例だと思う。


・↑中国は、日本よりも東南アジアのことを難なく手荒く扱っている。
この件よりも、もっと酷いと思う。


・日本が大して何も行動を起こさないことが残念だよ。
船を何隻か沈めて、船員たちを逮捕すれば、すぐに問題は起きなくなるのに。


・↑ああ、そうだな。
そんなことをしても何の影響も残らないよな。
俺は確信しているよ。


・船を沈めることは出来ないにせよ、どうして拘留したり逮捕したり国外追放したりしないの?






・全く的外れかもしれないが、中国は環境問題で努力をしている気がする。
象牙の取引を止めたことや、再生可能なエネルギーに投資している記事を最近読んだ。


・明らかにこれは問題ないようだね。
中国政府は、南&東シナ海を完全に統治したと発表していた。
海が中国と繋がっていたら、中国に主権があるんだよ。
それがルールだ。
中国によって作られたルールなんだ。


・次のニュースです。
ロシアは自分たちの利益を守るために、ウクライナに侵攻しました。


・↑ポーランドのスペルが間違っているぞ。


・↑伊豆がクリミアされないことを祈る。




http://goo.gl/kQ5z4thttp://goo.gl/gBThd6
韓国海洋警察が中国人船長を格闘の末に射殺(海外の反応)

follow us in feedly