erere
中国が、「青空作戦」を開始した。APEC(アジア太平洋経済協力会議)を目前に控え、開催地の中国・北京では、3日から交通規制が始まり、大気汚染の改善を図っている。
APECを前に、大気汚染を解消するため、北京市内で、車両の通行規制が始まった。
北京市内では、3日から、市内を走ることのできる車を、奇数日はナンバーの末尾が奇数の車、偶数日はナンバーの末尾が偶数の車に制限している。
また、市内の建設工事が禁止されたほか、隣接する河北省では、首脳会合の期間中、およそ880カ所の工場が操業を停止する予定。
各国首脳が北京に集まるまでに、青空を作り出す作戦。
一方、治安当局は、テロ対応部隊の訓練を公開、バスの立てこもり犯を特殊部隊が制圧する様子を見せ、万全の治安態勢をアピールした。
APEC首脳会議は、11月10日から開かれる予定で、中国は、2008年の北京オリンピックに次ぐ、国の威信をかけた「国際イベント」と位置づけている。(FNN)
海外の反応をまとめました。





・北京の大気汚染は、市民の寿命を5年短くしている。
10年経ったら、どれほど酷くなっているのだろうか?


・政府に対する市民の怒りはどこなんだ?
毎日彼らは排気ガスやカーボン粒子を吸い込んでいる。
悪くなる一方で改善しない。


・数日間だけ、大気汚染を止めてくれるなんて、すごい親切だよな。


・愚かな中国は、自分たちよりも優れた国から人が来る時だけ、大気汚染に歯止めをかけようとする。


・オリンピックの期間中に、既に世界が中国を訪れていると思うが。


・もう手遅れだろ。
一時的に工場の操業停止をしてどうなるんだ?


・↑APECの為の羊頭狗肉だよ。
オリンピック中と同様に、工場は閉鎖されて、許可された車以外は走ることが出来ない。


・どうやらAPECの会議が開かれる時以外は、中国は大気汚染のことは気にしないようだね。


・北京市民は、中国がもっと国際会合を開いてくれることを願うだろうな。
そうしたらもっと良い空気が吸えるから。






・偽の公害規制だな。
問題解決をする代わりに、数日間だけ停止させよう。


・大気汚染のない綺麗な場所で会合を開けば良いじゃないか。
中国にだって綺麗な場所はあるだろ?


・自分の国を汚染することに貢献する投資家や実業家を惹きつける為に、こんなことをしているのが悲しよ。


・オリンピックの時と似ているな。
枯れ草を緑色に塗って、偽のプラスチック製の木を植えていた。


・大きな換気用の扇風機を使えよ。
それで問題解決だ。


・ありったけの空気清浄機の電源を入れろ。


・企業にとっては悲しい日だな。


・ただ臭い物に蓋をしているだけだ。





http://goo.gl/WCSsWThttp://goo.gl/zhzTO6http://goo.gl/LOA0JIhttp://goo.gl/wyMGGG

follow us in feedly