tr
インドのニュースサイト「DNA India」は3日、中国との国境約2000キロにわたる道路建設プロジェクトについて、日本のJICA(国際協力機構)に付託することにインド側が先週 同意したと報じた。日本側は道路建設と修繕、資金提供と技術支援を行う。3日付で環球時報が伝えた。
JICAが受注したインド道路建設プロジェクトの場所は主にインド北東部とウッタラーカンド州になる。インパール~コヒマ間のNH39道路、マニプル州の道路関連プロジェクト、シロ ン~Dauki間の道路、メーガーラヤ州のDauki大橋の建設などが含まれる。アルナーチャル・プラデーシュ州を除くインド北東部の中印国境道路プロ ジェクトのほぼすべてをJICAが請け負うこととなった。
同プロジェクトはインド交通省傘下の国境道路機構の主導。同機構は約5000キロの道路を管轄する。JICAは外国の軍をバックに持つ機関との協力ができないことから、同プロジェクトはすべて単独で行われるという。(新華社通信ジャパン
海外の反応をまとめました。





・これぞ一石二鳥だね。
天才だ。


・↑まさにそうだね。
とても狡猾な動きだよ。
プロジェクトが始動してから、中国がインドに対してふざけたことをすれば、日本相手にふざけたことをすることになる。
そしてそんなことが起きれば、アメリカがすぐ近くに控えている。


・↑それは素晴らしいな。


・↑道路を建設するのが、日本政府の管轄下の企業なのか民間企業なのか調べる為に、ググってみた。
日本政府によって作られた独立行政法人だったよ。
つまり道路に対して何かをすれば、日本相手に何かをすることになる。


・質の高い釣りだよ。
インフラを建設すると同時に中国を釣るなんて。


・他のインフラも日本に作ってもらえないかな?


・モディ(首相)は、中国を釣っているのか?(笑)


・インドは中国を怒らせるために、こんなことをしたんだと思う。


・間違いなく、中国を怒らせるだろうな。
あとはアメリカからレーダーと大砲を購入して、国境に配備しよう。


・↑どうしてアメリカなんだ?
イスラエルがいるじゃないか。
奴らはアメリカの兵器を逆行分析して、独自の機能を加えて、安く売るぞ。
アメリカ製よりも信頼できる。


・↑パキスタン国境にイスラエルの兵器が展開されているからだよ。






・わお!インドがとても賢い行動を取った。


・日本はこの機会に飛びついたんだろうな。
中国を怒らせるためにね。



・↑少なくとも、まともな道路が建設される。
インド国内にある道路とは違ってね。


・↑ああ、インドにはインフラが欠けているからな。
特に北東部周辺の田舎は酷い。
幸いなことに、中国の侵略が変化を促進している。


・大爆笑だよ。
しかも、これで道路は雨期が終わっても無くなることはない。
日本は中国と喧嘩するのが大好きだしね。


・↑道路が無くなってしまうのは、俺たちに技術力が欠けているからではない。
コンカン鉄道を記録的な速さで建設することが出来るんだから、
通年通行可能な道路だって建設できるさ。
政治家と
土建業者を非難しろ。





・俺が理解できないのは、どうしてインドも中国も自分たちで道路を造らないのか?と言う点だ。


・↑特定の仕事に対して、良い装備を持っている国に外注することは、安上がりだし簡単だよ。
日本は地域柄、こういった仕事の経験が豊富だ。


・ベストから学ぼうぜ。


・日本とインド!永遠なれ!

http://goo.gl/sBbkHohttp://goo.gl/UXfqy6

follow us in feedly