ere
坂井 三郎(さかい さぶろう、1916年(大正5年)8月26日 - 2000年(平成12年)9月22日)は、大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員(パイロット)。太平洋終戦時は海軍少尉、最終階級は海軍中尉。終戦までに大小多数の撃墜スコアを残す日本のエース・パイロットとして知られる。戦後に海軍時代の経験を綴った著書『大空のサムライ』は世界的ベストセラー。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



1942年(昭和17年)8月7日、ガダルカナル島上空にてアメリカ海軍のジェームズ・“パグ”・サザーランドのF4Fと交戦、これを撃墜。最近になって発見されたサザーランドの機体の残骸の銃跡すべてが当時の壮絶さを静かに物語っている。 そののちガダルカナル島の上空において、坂井はSBDドーントレスの編隊を「油断して直線飛行している」F4Fワイルドキャットの編隊と誤認して不用意に至近距離まで接近したため、坂井機は回避もままならないままSBDの7.62mm後部旋回連装機銃の集中砲火を浴びて機体を損傷。

坂井によれば、その内の一弾が坂井の頭部に命中、致命傷は免れたが右側頭部を挫傷し(そのため左腕が麻痺状態にあった)計器すら満足に見えないとい う重傷を負った。坂井は被弾時のショックのため失神したが、海面に向けて急降下していた機体を半分無意識の状態で水平飛行に回復させている。一時は負傷の 状態から帰還は無理と思い敵艦に体当たりを考えたが発見できず、帰還を決意した。まず止血を行い出血多量による意識喪失を繰り返しながらも、約4時間に渡 り操縦を続けてラバウルまでたどり着き、奇跡的な生還を果たした。

坂井によれば、ラバウルの軍医では治療できず、内地に帰還、横須賀海軍病院での長時間に及ぶ麻酔無しの手術により失明は免れたが、右目の視力をほぼ失い左も0.7にまで落ちたという。(ウィキペディア)



・(スレ主)
今日、俺は新しいことを学んだ。
日本軍のエースパイロットが、空中戦で顔を撃たれた。
片目の視力を失い、部分的に体が麻痺した。
彼は血によって、もう片方の目が見えなくなるのを防ぐために、
戦闘機を逆さまにして5時間飛行して、基地に帰還した。
それから麻酔無しで手術を受けた。


・俺は彼の本を読んだ。
彼は逆さまの状態で5時間操縦したわけではない。
彼は何度か意識を失った。
頭にぽっかりとあいた銃の傷に苦しんだ。
粉砕したキャノピーを通り抜けて来る200mphの風が、頭の穴に吹き込んで来るのを快く感じなかった。


・彼は戦争が終わって何年も経った後に、彼を撃った狙撃手と再会している。
彼はアメリカに行って、何人かの昔の敵と会った。
その中には、ガダルカナルで彼を殺しかけたHarold L. Jonesが含まれていた。


・↑2人の間の奇妙な会話を想像してみろ。
「俺を殺しかけた時のことを憶えているか?」
「ああ。」
「・・・。」


・↑俺も真珠湾で、この話を聞いた。
どうやって、ずっと誰が誰を撃ったのか分かったのだろうかとずっと疑問に思ってきた。
誰か推測出来る人いる?


・彼は2000年まで生きた。
これはニューヨークタイムズの彼の死亡記事からの引用だ。
坂井氏は9月22日に東京で亡くなった。
享年84才。
坂井氏は、東京西部の
厚木海軍飛行場でアメリカ軍の士官たちと夕食を共にしていた。
テーブルの上に身を乗り出して、アメリカ人と握手しようとしたときに、心臓発作に苦しんだ。
坂井氏はその後、病院で亡くなった。

・↑彼がテレビゲームの制作に携わったのが、興味深い。
2000年に坂井氏はマイクロソフトの為に、コンバットフライトシミュレータ2のコンサルタントとして、簡単な仕事をした。

・↑あのゲームのことを憶えているよ。
実際、昨晩古い本を手に取っていた時に、あのゲームのマニュアルを手に取った。


>>第二次大戦中に、坂井は推定64の敵機を破壊した。
そのほとんどが米軍機だった。

↑こんなの狂っているよ。


・子供の時、彼の本を読んだことがある。
彼は凄かったよ。






・彼が帰還した時の写真がある。
eer


・彼が苦しんだ痛みを想像できない。


・俺は一度、車の運転中に本当に大をしたくなった。
休憩所まで40分の距離だった。
俺は口をすぼめて、汗をかぎながら運転したよ。


・↑あんたは軍神だ。


・彼の後世について書かれた雑誌記事を思い出した。
医者が彼の負傷した目を検査すると、金属片があることに気付いた。
取り除くための手術が行われて、彼は視力を回復した。


・彼らは狂信的な戦士たちだった。
とても勇敢だった。






http://goo.gl/j1FZzG
史上ただ一人米国本土を爆撃した日本人が20年後に米を訪問して先祖代々400年伝わる刀を友好の証として寄贈したらしい(海外の反応)

follow us in feedly