weeee
理化学研究所と東京大学の研究チームは全身が透けて見えるマウスの作製に成功した。解剖しなくても臓器の働きが一目で分かるようになり、がんや糖尿病、心臓病などの研究に役立つ。成果は7日、米科学誌「セル」に掲載する。

  マウスは約300億個の細胞からできている。透明化するには生体色素を抜く必要があり、研究チームは血液を赤く染める「ヘム」という色素などの除去を試み た。血液をできるだけ抜いた後、生理食塩水を流して生きたままの状態が保てるようにし「CUBIC試薬」という溶液で2週間かけて色を抜いた。

 この結果、マウスは骨以外が透明になり、心臓や肝臓などの臓器の輪郭だけが見えるようになった。これまでマウスやサルの脳を透明にすることはできたが、細胞のたんぱく質を保持したまま全身を透明化したのは初めてという。

  研究チームは特定のたんぱく質が光るように遺伝子組み換えしたマウスも透明化し、すい臓の立体的な画像を1時間程度で得た。従来は臓器を輪切りにして撮影 した画像を重ねており、2~3日かかっていた。細胞の働きも簡単に見えるようになり、糖尿病などの診断や治療につながる技術の開発に役立つとしている。(日本経済新聞)

海外の反応をまとめました。




・不気味だ!


・ああ、気持ち悪い。


・ただ残酷だな。


・とても悲しい。
何も問題がないように動物のことを扱う。


・急に生カキが食べたくなってきた。


・これは酷い。
もし彼らが透明の政治家を作り出したらどうなる?
みんなすぐに奴らの頭の中は、空っぽだと気付くだろう。


・透明のキャメロンなんてどうだ?
目新しいだろ?


・次は空港で導入されるね。
冗談はさておき、唯一頭に浮かんだのは、検死の時に使われたら、どうなるだろう?ということだけだ。


・彼らは人々を輝かせることも出来る。


・PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が喜ぶぞ。


・俺は別に動物の権利を主張する人間ではないが、生きている動物に対してこんなことをするなんて、単純にグロテスクだ。


・↑どうせチーズバーガーを食べながら、言っているんだろ?
俺は確信している。






・気分が悪くなる。
次はなんだ?
シースルーの人間か?


・もう既にマウスの中はどうなっているのか、我々は知っていたと思うが。
まあいいか。


・クラゲはシースルーだぞ!
馬鹿な科学者どもめ!


・蛇に与えろ。
そうすれば、内部に何が起きるか分かるから。


・どうしてこれが彼らが主張するようなことに繋がるのか理解できない。
マウスの中身なんて別に秘密じゃないだろ。


・グミだろ。
たぶんレモン味。


・ザ・ベンチャー・ブラザーズの見過ぎだ。


・X線みたいなもんじゃないの?





・気持ち悪い。
でもネズミは殺して良いよ。


・理研はあのSTAP細胞についての虚偽の論文を発表した研究機関だ。
世界中で傷ついた奴らの評判を回復するための、薄っぺらい試みだよ。


・なんという金と時間の無駄だ。


・マウスが生きていたら、もっと感心していたよ。
すべての臓器が動いている様子が分かるから。
そうだったら、とても感心する。

http://goo.gl/Dt9Wd2http://goo.gl/vmoJ6mhttp://goo.gl/1uCcqUhttp://goo.gl/RzAh50http://goo.gl/2O7xNqhttp://goo.gl/sLupUZhttp://goo.gl/Ww20sS

follow us in feedly