errrr
(CNN) 使い捨ての食器は便利だが資源が無駄になる。そんなジレンマの解決策にと、愛知県の漁村、碧南市の丸繁製菓が環境に優しい「食べられる器」を提案して話題を呼んでいる。同社の榊原勝彦専務にCNNがインタビューした。
海外の反応をまとめました。




CNN:食べられる器というアイデアが生まれたきっかけは?

榊原:祭に行くとごみ箱があふれている光景が目につく。私たちの製造技術でこれを変えることはできないかと考えた。アイスのコーン作りから発展させて、食べられる皿を開発した。ネックになったのは耐水性をいかに強めるかという問題だった。

CNN:皿に使われる原料はエビと塩、そしてジャガイモのでんぷん。ほかの味を開発する計画はあるか。

榊原:さまざまな味の器を開発し、多様な食べ物と組み合わせられるようにしたい。食べられるナイフやフォークが作れたらもっと面白いだろう。無駄も大きく減らすことができる。

CNN:会社の将来にかける抱負は?

榊原:6年後の東京五輪に、食べられる器を提供したいと考えている。

CNN:丸繁製菓は今後どのように発展していくと思うか。

榊原:この街は農業と漁業が盛んだ。子どもたちに街を引き継ぐ時のことを考えるたびに、とにかくもっと環境に優しい事業にしなければと思う。


・未来のことを考えている人がいるのは良いことだな。
行け、日本!


・今までで一番のアイデアだね。


・ボナペティ!
料理と器の両方を召し上がれ!


・もう後片付けしないで済むね。


・よし!もう皿を洗わなくて済む!


・良いアイデアだ。
洗い物が無くなる。


・後片付けの皿がなくなるとか、そういう話ではない。
環境に優しいんだよ。






・アイスクリームのコーンみたいなものか。


・これぞアジア人だな。
彼らは何でも食べる。


・大したニュースじゃない。
ペットショップでは似たような製品が売られている。


・OK。
味が美味しいと良いな。


・素晴らしいアイデアだね。
でも食べられる所と外側の境界が欲しい。
テーブルの上に置かれた器を食べたいとは思わない。
紙のような物で包むのはどうだ?
アイスクリームのコーンの部分を包む紙のような感じでね。
100%環境に優しくならなくなるけれど、かなり無駄をなくすことが出来るだろ。


・この食べられる食器がテーブルの表面に触れていても、全く問題ない。
これは日本だ。
超清潔な国だぞ。






http://goo.gl/1P2gkrhttp://goo.gl/jS7ohg

follow us in feedly