errr
【11月16日 Relaxnews】対象50か国に対するイメージや評判を測定して順位を決める「アンホルトGfKローパー国家ブランド指数(Anholt-GfK Roper Nation Brands Index)」ランキングでドイツが今年、5年ぶりに1位に返り咲いた。2009年以降、この格付けでは米国がトップを維持していた。(AFP)
海外の反応をまとめました。




 ポリシーアドバイザーのサイモン・アンホルト(Simon Anholt) 氏が考案し、米国の調査会社GfKが同氏と共同で毎年実施している国家ブランド評価は、対象国の「文化」、「国民性」、「観光」、「輸出」、「統治」、 「移住・投資」の6つの側面に関する質問への回答をまとめ、各国の順位を決定するもの。今年は20か国の2万125人が、インターネットを通じた調査に応 じた。

 米国は、創造性や現代文化、教育機関など分野では依然として最高点を獲得したものの、世界平和と安全保障における役割については、対象国中19位と低い評価に終わった。一方、ドイツは「スポーツに関する優れた能力」の分野で高評価を得たことが、総合1位につながった。

 アンホルト氏は声明で、「W杯ドイツ大会の開催で示したスポーツ分野での高い能力に加え、ドイツは堅調な経済と安定した政権運営で欧州のリーダーとしての地位を固めたことにより、高い評価を得たようだ」と述べている。

 ドイツはまた、公正かつ有能な政府、投資環境、社会的平等の分野でも高い点を得た。

■国家ブランド指数の上位10か国は、以下のとおり。

1位 ドイツ
2位 米国
3位 英国
4位 フランス
5位 カナダ
6位 日本
7位 イタリア
8位 スイス
9位 オーストラリア
10位 スウェーデン

(AFP)



・「ドイツ」と「面白い」が同じ文で使われるなんて。
何だかしっくりこない。


・↑俺の謙虚な意見だが、ドイツ人の方がイギリス人よりも面白いと思う。


・奴らがワールドカップで優勝したからだろ。


・ドイツは、大学の学費が無料なのは大きいと思う。


・いつかは、オバマが大統領でなくなるし、アメリカが一位に返り咲くさ。
ドイツ経済が落ち込み始める一方で、アメリカ経済が上向いていることを考慮しているとは思えない。


・人々の国の味方を測っているのか?
人々の味方が、いつでも正しいとは限らないだろ。


・シンガポール人だけど、一位ではないにしても、シンガポールはリストに載るべきだと思う。
これって2万人の白人を調査したの?


・これは正しい。
ドイツは世界で最高の国だ!


・最高の国なんて存在しないよ。


・スウェーデンが10位で、日本が7位?!
なんて酷い調査なんだ!


・世界で最高の国はドイツであるべきだ。
争えるのは、日本・スイス・スウェーデン・ノルウェーだ。






・申し訳ないが、もし俺が一生ドイツの食事しか摂れないのなら、飢えてしまうと思う。


・イギリスが、3位で嬉しいよ。
悪くないね。
ざまーみろ、フランス!
イタリアは?


・↑フランスは4位だから、そんなに悪くない。
イタリアがトップ10入りするなんて、順位が高すぎると思う。


・世界で最高の国か。
そんなの主観的なことだろ。
どうやって「最高」だと決めるんだ?
人によって違う。


・俺は投票していないぞ。


・世界最高の国は、俺の母国であるケニアだ。


・↑南アフリカの方が上だ。





・国家ブランドなんていう単語を産み出したのに、ノーベル賞を受賞していないのか?


・みんな、オーストラリアが最高だと思わないの?


・君たちは、ドイツに来たことがあるの?


・まあ、ドイツは素晴らしい機械と車を作るからな。
ただし、彼らにジョークだけは飛ばすなよ。


・アンゲラ・メルケル...なんて愛らしい女性なんだ。



http://goo.gl/B1RV0nhttp://goo.gl/JVgxGLhttp://goo.gl/Zryfre

follow us in feedly