err
トヨタ自動車は十八日、水素を燃料に走る燃料電池車(FCV)のセダン「MIRAI(ミライ)」を正式に発表 した。発売日は十二月十五日。FCVは走行中に水しか出さない「究極のエコカー」と呼ばれ、トヨタは世界初の一般向け販売に踏み切る。自社開発した燃料電 池システムは発電出力百十四キロワットと、家庭用システム「エネファーム」の百六十台に相当する。(東京新聞)
海外の反応をまとめました。



価格は七百二十三万六千円。国は二百万円程度の購入補助金を出す方針で、実質的な購入金額は約五百二十万円となる見通し。水素ステーション整備が先行する東京、名古屋、大阪、福岡の四大都市圏を中心に、トヨタ店とトヨペット店で販売する。

 二〇一五年末までの販売目標は四百台で、官公庁や企業などから約二百台を事前受注。今後の注文は納車まで半年以上かかる見通し。欧米では一五年夏にも発売し、米国で一七年末までに計三千台以上を売る計画だ。

 ミライは四人乗りで、高級車「クラウン」並みの大きさ。約五キログラムの水素を三分間程度で充填(じゅうてん)でき、約六百五十キロの連続走行が 可能。FCVと同様にモーターで動く電気自動車の三倍以上も長く走れる。外観や内装は先進性をイメージし、発電で生じた水を好きなタイミングで排出できる 機能も設けた。災害時に最大九キロワットの電力を送れる給電器は別売りとなる。

 東京都内で記者会見した加藤光久副社長は「(世界初の量産ハイブリッド車である)プリウスを超える技術革新の幕開け。水素社会の推進に貢献する答えがミライだ」と語った。

 トヨタは四半世紀にわたってFCVを開発。〇八年段階で想定販売価格は一億円を超えていたが、燃料電池システムなどの低コスト化を進め、一般販売にこぎ着けた。

 ホンダは、一五年度中にFCVを発売し、日産自動車は一七年の発売を目指す。トヨタは既に次期モデルの開発に着手しており、FCV普及期の二〇年 代に世界で年間数万台の販売を計画する。さらに生産コストも下げ、二五年までにハイブリッド車(HV)と同程度の販売価格を目指す。

 <燃料電池車> 車内にたくわえた水素と、大気中から取り込む酸素が化学反応し、発電しながらモーターを回して走行する。走行中に二 酸化炭素(CO2)を排出せず、水しか出さない。車向け水素価格については、岩谷産業が税抜き1キログラム1100円で販売すると発表。走行距離1キロ当 たり約10円となり、ミライと同サイズのハイブリッド車(HV)と燃費がほぼ同等になる。(東京新聞)





・未来がやってきた。
その名も「未来」。


・水素を入れる場所なんてどこで見つけられるんだ?


・上手く行ってほしいな。
でもまずは水素ステーションを整備しないと。


・値段はいくらなの?


・俺が運転しているアウディよりも安いじゃないか。
悪くない価格だ。
大量に生産されるようになれば、3万ドルくらいになるかもね。


・水素が我々の問題を解決してくれる。


・俺たちもこの車に連いていくべきかもな。
家で燃料を入れてみたい。


・良くやった、トヨタ。
彼らは新しい便利なテクノロジーを産み出してきたし、手の届く価格の部品を作って来た。


・おめでとう、これは進歩だよ。
でもデザインが酷い。






・一つ妥協しないといけない点がある。
あの見た目だ。


・研究に10年費やして、デザインは15分で終えたのか?


・どうしてそんな不細工な見た目にしないといけないの?


・↑トヨタ車だからだろ。
俺の意見では、プリウスは道を走っている車の中で、最も醜い。


・↑お前はクライスラーのPTクルーザーを見たことが無いのか?
erre


・↑俺はミライのデザイン好きだけどね。
テスラのModelではないけれど、良いデザインだと思う。


・このテクノロジーが主流になるまでは、数年、もしくは10年掛かるだろうな。


・石油企業を少しずつ弱らせていこう。




http://goo.gl/8NMKfXhttp://goo.gl/V6DoW4http://goo.gl/tHM5Twhttp://goo.gl/xW6ABNhttp://goo.gl/aiVbg2http://goo.gl/T8BDAT

follow us in feedly