wr
今年のクリスマスはケーキが買えなくなる!?
 深刻なバター不足が続き、クリスマスシーズンが近づいた洋菓子店が悲鳴を上げている。農水省は5月にバター7000トンの緊急輸入を決めたが、改善の兆 しは見えない。スーパーではバターの棚に「おひとりさま1点限り」の表示。バターはケーキ作りに欠かせないが、専門家によれば、年々、高騰しているとい う。
「農水省は牛乳の消費量減により、2006年から07年にかけて乳牛の頭数を減らす政策を行った。乳牛を減らしすぎたために08年にもバターの全国的な品不足が起きて騒がれましたが、その後も対策は行われず、国内生産量は毎年減少の一途です」(畜産業界関係者)
 農水省が2010年2月に出した「2019年における世界の食糧需給の見通し」によれば、主要品目の国際価格の変動の中でもバターがブッチギリの上昇率だ。07年と比較し19年には実質価格が47%増加すると予測している。(日刊ゲンダイ)
海外の反応をまとめました。



■便乗値上げも

 消費者問題研究所の垣田達哉代表が言う。
「もともと、牛乳に比べバターやチーズなどの加工品は需要を見込むのが困難です。畜産業はTPP問題で先行きが不安視されていますし、加工品業界まで手を出す人がいなくなっている。今後もバターなどの乳製品の品薄は続き、年々、高騰するのは避けられないでしょう」

 クリスマスを前に菓子業界関係者は言う。
「バターをマーガリンで代用する菓子店も出ています。ただ味はだいぶ落ちます。どんなにバターの価格が上がっても、普段はケーキの値段を据え置いていますが、クリスマス商戦に合わせて“便乗値上げ”する店も相当、出てきそうです」

 ケーキはまた“ぜいたく品”となる。
(日刊ゲンダイ)


・願わくば、この事態は拡大しないでほしい。


・俺たちのバターを送れないのか?
ロシア人は制裁により、EUからバターを買うことが出来ない。


・バターを生産している国から輸入する方法が無いのが残念だな。


・バターの代替品か輸入すればいいだろ。
まずは牛のことを考えるべきだ。
こんな馬鹿げた第一世界の問題ではなくね。


・記事「猛暑で酪農牛が疲れ、普段の牛乳生産量を満たすことが出来なかった。


・人間よりも牛を気の毒に思う人いる?


・ヴィーガンになればよい。
牛のことはほっといてやれ。


・俺たちにバターとか乳製品って本当に必要なの?


・↑必要だよ。


・そもそも、どうして日本人がバターを食べるの?


・ヨーロッパが輸出するチャンスじゃないか?






・タスマニアのバターは最高だぜ。


・↑そうだな。
でも、恐ろしいほど高いのが残念だ。
先週、小さな塊が10ドルで売られていたのを見たぞ。


・記事「日本が深刻なバター不足に苦しんでいる。
消費者の間には、クリスマスに必要不可欠なスポンジケーキを諦めなくてはいけないという恐れが拡がっている。

↑明らかに、日本人にはあまり心配することがないようだな。


・最高のスポンジケーキは、バターなしで作るんだけどね!


・なんという災難!
スポンジケーキが無いなんて!


・日本ってクリスマスを祝うの?


・↑バレンタインも祝う。
日本では、大きな行事だぞ。


・オーストラリア、ニュージーランド、デンマークから買えよ!


・ノルウェーでも数年前に起きたよ。
馬鹿げた独占販売の政策によってね。





http://goo.gl/n2llUqhttp://goo.gl/N02ntAhttp://goo.gl/LXiy7f

follow us in feedly