errrrrr
清水建設は18日、同社の技術の粋を結集した独自の深海未来都市構想「OCEAN SPIRAL(オーシャン スパイラル)」を発表した。海底に眠 るレアメタルなどの鉱物資源の採掘、深層水を活用した養殖漁業などを想定。水深3000~4000メートルの深海に資源開発工場を設置し、らせん状の チューブで海面近くの球体居住区(直径500メートル、5000人収容)とを結ぶ。建設には5年かかり、建設費は3兆円というが、2030~50年には実現可能という。(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




 夢物語ではない未来建設を提案する「シミズ・ドリームシリーズ」の第3弾。独立行政法人「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)、東京大、佐賀大、昭和電工などの協力を受け、清水建設のスタッフ20人が2年がかりで構想を練った。

 清水建設によると、固化時間が早い樹脂コンクリート、透明アクリル板、繊維強化プラスチック(FRP)など現在使われている資材を活用。浮力と重 力のバランスを等しくすることなどで位置を安定させる。津波、台風などの災害時は居住区を水面下に沈下させ、波浪を避ける仕組み。

 研究施設、ホテル、深海探査船の補給基地なども盛り込んだ。海底資源の採掘や養殖漁業のほか、深海の温度差を利用した海洋発電▽深海の圧力差を利用した浸透膜による海水の淡水化処理▽海底メタンによる二酸化炭素(CO2)のメタンガス転換--などが期待できるという。

 ネックは3兆円と算出した建設コスト。それでも、清水建設は「世界の約7割は海。人類社会の持続性向上にとって、深海の利用は必須です」(環境・技術ソリューション本部)と意気込んでいる。

 「シミズ・ドリームシリーズ」はこれまで、海上の環境未来都市「グリーンフロート」、月面上の太陽発電基地「ルナリング」を発表してきた。(毎日新聞)
gg

hh

tt


・面白そうなアイデアだけど、2030年までに3兆円のコストは一体どれくらい膨れ上がるのだろう?


・俺は海洋学者じゃないけれど、水圧はどれくらいかかるんだ?
この計画はどうやったら上手くいくの?


・↑この都市をしっかりと固定しないといけないだろうな。
でも居住空間を維持することは、価値よりもリスクの方が大きいと思う。


・俺は事実や明白な問題のことなんて気にしない。
これは面白い。


・惑星を宇宙船に変えることは出来ないのか?


・多くの人々は、普通は海中に住みたいとは思わないだろな。


・地震が起きたらどうなるの?


・素晴らしいアイデアだ。
悪い結果には、なりようがないだろ?






・この企業のウェブサイトを覗いて来た。
今までに深海のコミュニティーを建設した経験はないが、大きなプロジェクトを行ってきている。


・↑誰も今までに深海にコミュニティーを作ったことなどない。


・これが単なるコンセプトだとしても、こんなものをつくる財政的なメリットが無い。


・↑日本は土地不足だ。
東京湾岸エリアに人工島を作っているが、十分ではない。
それと海底を掘削することは価値があると思う。


・真面目な話、3兆円だぞ?
これほど建設コストのかかる建物なんて世界にあるのか?
それと維持費を想像してみてくれよ。


・海の底に住むのって、どれくらい酷い気分なんだろう?


・ああ、らせんね。
もっとも頑丈な構造だ。


・深海アニメが待ち遠しいぜ。


・↑もう既にたくさんあるぞ?

http://goo.gl/6DNINzhttp://goo.gl/pdS21yhttp://goo.gl/qcsBW2http://goo.gl/GJkhvRhttp://goo.gl/C5OphC
日本の会社が月の赤道上に全長11,000kmの太陽光電池を設置して発電する計画をしているらしい(海外の反応)

follow us in feedly