errre
プロ棋士の羽生善治名人と伝説のチェスプレイヤー ガルリ・カスパロフ氏がニコファーレ(東京・六本木)でチェス対局し、羽生名人が0勝2敗で敗れた。(ITメディア)
海外の反応をまとめました。




プロ棋士として第一線で戦いながら、趣味のチェスでも強さを見せ、現在日本ランキングで1位を誇る羽生名人。対するガルリ・カスパロフ氏はチェスの 元世界チャンピオン。1997年に米IBMのチェスソフト「ディープブルー」と“人類代表”として対戦し、歴史的敗北を喫したことが大きな話題となった。

 羽生名人は「対局が決まった時は『まさかそんなことが』と本当に驚いた。偉大なチャンピオンと対局できるのは光栄なこと。滅多にない機会なので、 試合としてきちんとしたものになるように自分なりに一生懸命頑張りたい」とコメント。カスパロフ氏が「5年ぶりの試合なのでとても緊張している」と話すと 「私の方が緊張していると思います」と返す場面もあった。

結果は第1局、第2局ともに羽生名人の敗北。どちらも終盤は解説が追いつかないほどの早指しの展開となった。

 羽生名人は第2局終局後、「途中は結構いい勝負になったと思ったのだが、終盤に力の差を見せつけられた」と悔しさをにじませつつも笑顔で話した。カスパロフ氏は対局前に羽生名人の指し手を研究していたようで、感想戦でも時折過去の対局での手について触れていた。(ITメディア)



・将棋は素晴らしいゲームだ。
アメリカでは、チェスと訳されてしまうけどね。


・ちょっとアドバイスしてやろう。
カロ・カン・ディフェンスはするなよ。
カロ・カン・ディフェンス (Caro-Kann Defence) は、チェスのオープニングの1つ。カロとカンという2人の人物からオープニング名が名づけられた。(ウィキペディア)

・カスパロフは伝説だ。


・生きるチェスの伝説だよ。


・チェスの世界に戻って来たのか、ガルリ?


・こういうイベントには、英語版のウェブサイトが必要だよ!


・わあ、この戦いを見たかったな。


・2400(イロレーティングの数値)?この男が勝つ可能性はない。
(イロレーティング(Elo rating)とは、チェスなどの2人制ゲームにおける実力の測定値(レーティング)の算出法である。「イロ」とはこの算出法を考案した、ハンガリー生まれでアメリカの物理学者であるアルパド・イロ(Arpad Emrick Elo)に由来する。)『ウィキペディア』

・↑この男は普段はチェスをしないのにも関わらず、ニコリッチを倒して、ナイジェル・ショートと引き分けた。


・カスパロフとレーディングが2400のプレーヤーの戦いは、レーディングが2000のプレーヤーと1300~1400のプレーヤーが戦うようなものだ。






・君が勝つと信じている、ガルリ。


・おめでとう、カスパロフ!
全く驚きはなかった!


・どうしてナカムラのようなレーディングが2700くらいの相手と戦わせないんだ?
ヒカル・ナカムラ(中村 光、Hikaru Nakamura、1987年12月9日 - )はチェスのグランドマスター (GM) 。2005年・2009年の全米チェスチャンピオン。世界ランキングの最高位は6位(2012年3月)。レーティングの最高値は2774(2011年5月)。(ウィキペディア)

・この試合の目的は何だ?
カスパロフの楽勝に決まっているじゃないか。


・↑羽生は偉大な将棋の棋士だ。
ナイジェル・ショートと引き分けたこともある。





http://goo.gl/2INTuIhttp://goo.gl/CFfCuhhttp://goo.gl/ZQCr9m

follow us in feedly